誰でも30日間で習得出来るpython学習法

WEBアプリを作ったり、人工知能開発やデータ解析、分析といったことをしたいと思ってpythonを学んでみようかなと思ってはいるけど、

「なかなかやり遂げられ無い、挫折してしまった」
「勉強をする時間が足りない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決することができない」

このような悩みを抱えているあなた。

 

今回は、pythonを0からたった一ヶ月で習得し、その先には独自ツールを作れるようになるといったパイソニスタになる方法をご提供したいと思います。

 

以下に当てはまる人は、この記事を最後まで読んでください。

 

誰でも30日間でpythonを習得出来ます

 

こんにちは、スギです。

私は一企業で働きながら、その傍でフリーエンジニアの活動を行い、様々な技術に携わりつつ、個人でも製品の開発や受託を行っています。もはや、分析の分野では最先端のノウハウを持っていると自分でも自負しております。なぜなら、経営者の方々を通じて、求められている技術を直接聞いた上で、自作ツールを作成しているからです。

 

最近よく、身の回りの方やSNSなどでメッセージをいただいた方から、

「pythonってどんなことが出来るのですか?」

「pythonはどうやったら習得出来ますか?」

なんてことをよく聞かれます。

 

 

pythonは、これからさらに需要が高まっていくことが予想される、「人工知能開発」「データ解析分野」などでも広く使用されるので、その辺りの仕事に活かそうとしている人にもおすすめできるプログラミング言語です。

 

そんなpythonを会社で忙しい人でも隙間時間で効率良く学習し、たった1ヶ月でも習得することが出来るようになるために必要なものを「極秘資料」としてまとめました。

今回は、いつも当ブログを読んでいただいているあなたに、実際にpythonを使って作ったツールのコードを無料で配布したいと思います。

 

そもそもpythonって何が出来るの?

 

Pythonを習得すれば「Pepper君」を代表するような人工知能や、「Youtube」や「Instagram」というようなアプリ、「ビッグデータ分析」といったデータ解析ツールなど幅広いものが作れます。

 

pythonで作られた代表的なものたち

 

WEBアプリの制作

Pythonが一番使われているのはWEBアプリです。

Pythonで作られた有名なWEBアプリケーションでは「Dropbox」、「Instagram」、「Pinterest」などがあります。

 

主に海外で人気が高かったのですが、日本でも人気が上がってきています。

SNSや仕事を効率化させるWEBサービスなどは勿論、ブラウザで動くゲームを作成することも可能です。

 

デスクトップアプリ制作

WEBアプリに比べるとマイナーですが、実はPC用のデスクトップアプリも作れます。

ゲームは勿論、自分のPC上で行っている面倒な作業を自動化させたり、WEBアプリをPC上から使いやすくするといったことも可能です。

 

業務効率化

Pythonは慣れるととても書きやすく、業務効率を上げるための簡単なプログラムを書くことが出来ます。

普段行っている単純作業を自動化させることが可能です。

 

機械学習・統計解析系アプリ制作

Pythonが注目されている理由として「機械学習」「統計解析」が可能だということです。人工知能が注目を浴びる中、それを支える統計解析や機械学習といった技術も注目されているのです。

 

具体的に言うと、人間と同じように学んでいくロボットをPythonで効率的に作ることが可能なのです。

人工知能は、今後より普及していくと考えられているので、Pyhtonは将来性が高い言語といわれています。

 

 

pythonって難しいの?

 

pythonを学びたいとは思うものの

「なかなかやり遂げられ無い、挫折してしまった」
「時間が足りない」
「情報が少なくどう調べればいいかわからない」
「エラーを解決することができない」

このような悩みを抱えている方も少なく無いと思います。

 

しかし、実はpythonは初心者にも優しい言語と言われていて、正しい情報と手順さえ知ることが出来れば、誰でも短期間で理解し、習得することが出来る言語なんです。

今回、まとめた資料に目を通し、学習を進めていただければ、忙しい人でも1ヶ月程度でpythonを理解し、習得出来るようになります。

 

 

今回お渡しする資料とは?

 

今回お渡しするpythonによるツール集は、様々な技術を使ったプロトタイプ版となるツールとなっており、利用用途と組み合わせ次第で使用しやすいものとなっております。特に分析に役立つものとなっています。

しかし、あえて今回はこれをこのブログで無料配布したいと思っています。

 

pythonプロトタイプ版ツール用資料

資料の内容

 

1.APIを利用したデータ収集ツール(Twitter API)

・分析(テキストマイニング)

・TwitterのAPIについて

・データ構造の理解を深める

 

2.TwitterストリーミングAPI

・具体的なAPIとの連携を行い、必要な情報を照らし合わせ、特定情報を抽出する。

・指定した情報をリアルタイムで引っ張ってきて取得する

・インターネットを通じて、そこの情報を解析、HTMLを取得し、自分のフォルダを作成し、その中に保存する。

 

3.Webスクレイピング

・特定のURL内の画像を丸ごとダウンロードする

・特定のサイト内のデータを丸ごとダウンロード

 

 

また、多くの人が参考書や教本を買って勉強をしますが、そういったものは文法を教えるものばかりで、実際に自分が発想したり、自分が作りたいと思ったツールを作れるようになるための最短の勉強になっていないものがほとんどです。

その結果、勉強を断念してしまう人が多くいます。

 

しかし、私の勉強方法はそれとは全く異なり、実際に作られたツールを参考にしてもらい、自分が作りたいと思っているものを真っ先に作っていこうという実践的なものになっています。

 

参考pythonツール集

ぜひ実際に、pythonで作られたツールを触ってみながら、pythonを習得すればこんなことが出来るのかということを実感した上で、実践的なツール開発を自分でも行いながらpythonを勉強していきましょう。

 

 

なぜ、資料やツールを無料で配布するのか?

 

なぜ、このように資料やツールを無料で配布するのだろうと、疑問に思うと思いますが、もちろんそれには2つの理由があります。

 

一つ目の理由は、実際に色々な人にツールを使ってもらい、検証をして感想をもらいたいという理由です。

様々な環境で検証をしていますが、どうしても見落としがあったり、使用環境によってはエラーが出てしまうこともあるので、もしエラーが出たら教えて欲しいのです。

また、実際に使ってみた感想を聞くことで、それすらもpythonを使って分析をして、次の開発のデータを取りたいと思っているからです。

 

僕には「これを作ったらいい製品になるだろう」というアイデアのストックがたくさんあります。

しかし、どうしても1人では時間がかかってしまい、また仕事の合間や休みなど限られた時間の中での開発になるので、思うように開発が進まないこともしばしばです。

そのため、このメルマガを通してpythonに興味を持っていただいた方に、ゆくゆくは開発を手伝っていただけたらいいなと思っています。

 

開発を通して、pythonの理解も深まっていくかもしれませんし、アイデアを共有し、新しいアイデアが生まれたら面白いでしょう。

また、もっとpythonや分析という分野をもっと広く知ってもらいたい「分析はこんなことまでできるんだぞ」ということを知らしめたいということも、したたかに思っています。

 

 

以上の理由から、本当は誰にも共有したくないような情報も、無料で公開します。

ただ、ネット上で公開してしまうと誰が使ってくれたかがわからなくなりますし、無断でコピーして別のところで売ってやろうという人が現れても嫌なので、メールアドレスを登録していただいた方のみのお渡しとさせていただくことをご了承下さい。

 

 

資料受け取りまでの手順

 

 

特典

 

また、今回登録していただいた方には、特典というほどのものではございませんが、不定期でメルマガを配信させていただきます。

※もちろん、不要だという方は解除していただいて結構です。

 

普段、流出や転用を防ぐためブログでは開発したツール、アイデアなどはプロトタイプしか公開していませんが、このメルマガではより完成度の高いツールや、

pythonやプログラミング言語についての一部の大企業しか知らない最新情報を随時配信していこうと思っていますので、期待していてください。

 

 

無料配布についての注意

 

最後に、今回の資料とツールを無料配布するにあたって1つだけ注意があります。

 

今回の無料配布は、上記の通りツールの検証と開発に携わってくれそうな人脈作りが理由ですので、長く公開し続けるつもりはありません。

そのため、一定の人数(100名)に達して僕がもう十分だと判断したら、突然このページを削除しますのでご了承ください。

 

理由は、長い期間公開し続けると情報がどんどん流出していってしまうので、いつもブログを見ていただいていた一部の方にだけ見ていただきたいなと考えているからです。

私のブログを見ていただいているということは、ある程度この業界についてもご理解のある方だと思います。そのため、もし気になった方はお早めに登録してください。

 

Q&A