【ブログ初心者向け】ブログの稼ぎ方には3種類の方向性がある

1c0de53f0a9d7fd6d130593dbc047c00 - 【ブログ初心者向け】ブログの稼ぎ方には3種類の方向性がある

現在、筆者のブログは特定の方向性を持って育てて稼いでいる状態です。
ブログを育て稼ぐというのは、具体的にどのようなことを指すのか、後述していきたいと思います。

ここでは、主に3種類の稼ぎ方及び育て方についてお話していきますが、それらの稼ぎ方・育て方におけるメリット・デメリットもご紹介していきます。

 


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. ブログでの稼ぎ方と種類を学ぶ前の注意点

ブログに対して3種類の稼ぎ方をご紹介する前に、これを読んでいるあなたは「これからブログを始める人」あるいは「今ブログアクセス数に伸び悩んでいる人」など、何かしら悩みが存在していると思います。
ブログ記事におけるSEO対策などは詳しく別の記事にしようと思っているので、細かな方法は今回の記事では割愛しますが、一日でGoogle検索でヒットさせた画像も載せていこうと思います。

ただ、すでにブログを始めている人もこれから始める人も注意して欲しいことがあります。
それは、ビジネス媒体としてブログを始めているかそうではないかということです。

ビジネス媒体としてブログを始めているわけではないという人は、自身が気になったことや雑記ブログとして運用していくと思うので、ぜひ楽しんで続けていただければと思います。
一方で、ビジネス媒体としてブログを利用したい人あるいは利用しているという人は適切な方法でブログを育てられているか改めて確認するためにも、この記事を読み進めていただければと思います。

結論から申しますと、「目的を持って始めているか」ということです。

この”目的”というのは、具体的に何を指しているかというと、、、

・日記ブログとして利用するものなのか
・ビジネス媒体としてブログを利用するのか

まず、目的としてこの二つで分けられると思います。
筆者の場合、ビジネス媒体として利用しているので、この記事はビジネス媒体を目的とした人向けの記事になります。

 

1-1. ブログサービスの選定

ブログといっても、様々な方法で始めることができるのが魅力的であり、同時に始め方を悩ませてしまう部分でもあります。
無料ブログサービスを利用すべきなのか、はたまた有料なのか、独自ドメインを利用したものなのか(CMS)は選定者として悩みどころです。

それぞれの主なサービスを確認しましょう。

◯無料ブログサービス

・アメーバブログ
・はてなブログ
・ライブドアブログ
・Seesaaブログ
・FC2ブログ
・Yahoo!ブログ
・楽天ブログ
などなど

このようにたくさんの無料ブログサービスが存在しています。
最近では、ブログマネタイズを直接的に行えるから、多く利用者を増加させているnoteもありますね。
このnoteは無料でありながらも、とても強力なブログサービスなので、検討しても良いと思います。

◯有料ブログサービス

ここで取り上げる有料というのは、無料版から有料にすることで、特定の広告機能やカスタマイズ、独自ドメイン使用などを可能にしてくれるブログサービスを列挙します。

・アメーバブログ
・はてなブログpro
・ライブドアブログ
・FC2ブログ
・Seesaaブログ

代表的な各ブログを記載しておきました。

◯CMSによるブログ構築

このCMSとは、専門知識いらずでとても簡単にサイト構築を行うことができるシステムを指します。
ただ、ドメイン代とサーバー代が必要になるため、なんだかんだ専門知識が少し必要になります。ただ、たくさん導入方法に関する情報は落ちているので、真似れば間違いなくできると思います。

・WordPress
・Movable Type
・concrete5!
・Joomla!
・Drupal

筆者は一番上に記載しているWordPressを利用してブログサービスを運営しています。
よくおすすめされているのがこのWordPressだと思いますが、おそらく長期間ブログを運営するにあたって、独自ドメインのドメインパワーを高められることが要因かと考えています。

次に、目的が定まっている段階で、一体どのようにブログを育てて稼ぐかの3つの稼ぎ方・育て方について解説していきます。

 

2. ブログの種類と稼ぎ方1 紹介・体験型ブログサイト

この稼ぎ方は、主にアフィリエイトの収入を獲得する場合に用いるブログサイトとして多く見かけます。
ブログ運営者が自ら体験し、そのリアルな感想や実体験を元に購入していただくプロセスを作り出しやすいからだと考えます。

また、無料ブログサービスを利用する場合は、こういったアフィリエイト自体を規約的に禁じているサービスがあったり、ブログサービス内ですでに広告表示されている箇所などが存在するため、アフィリエイトの効果が薄れてしまう恐れがあります。
そのため、様々な観点からやはりWordPressに落ち着く人が多いでしょう。

筆者の場合、Googleアドセンスによる広告収入も考慮していたので、Googleアドセンスへの申請にある程度の記事が必要になります。
筆者は5記事を投稿した段階で申請を通すことができたので、さほど難しいことではないと思います。

ただし、このGoogleアドセンスの申請がうまく通らないという人の記事も検索すると、しばしば見受けられます。
これは、作成した記事の質が悪かったのが原因かと思いますが、筆者のブログ記事の一つの基準値として、3000〜5000文字を超える記事作成を行なっています。

これだけの文字数を書こうとすると、どうしても内容が濃くなってしまうので、自動的に質の高いコンテンツとして投稿することができます。
もちろん、無駄な内容を省いていく必要もありますし、全ての記事が良質な記事だとも思っていませんが、少なくとも文字量に比例して質を担保できる基準値を持っておくことは重要だと思います。

 

2-1. 広告だけで稼ぐブログを育てるのは難しい

別の記事にて、筆者が運営するこのブログサイトにおける収益状況を公開したものがあります。
その中で、Googleアドセンスに関する広告収入結果も載せています。

ぜひ興味のある人はそちらも確認していただけたらと思います。
また、その記事では別の手法をブログと連携させることによって、4ヶ月ほどで134万円の売り上げの状況も公開しています。

ぜひ、こちらから一読ください。

【収益状況公開】ブログの稼ぎ方を見つめ直す〜来年に向けて〜

 

3. ブログの種類と稼ぎ方2 トレンド型ブログサイト

このトレンド型のブログサイトは、近年でも代表例が一つ存在しましたね。
このトレンド型もアフィリエイトでの収益がメインとなりますが、アクセス数も見込めることから広告収入もそれなりに獲得することができるかと思います。

そして、代表例の一つとして挙げられるのが、2017年後半から2018年前半にあった「仮想通貨バブル」ですね。
この「仮想通貨バブル」のトレンドに乗って、様々なトレンド型ブログサイトがヒットしたかと思います。

また、仮想通貨自体も情報収集を際限なく行わなければ、稼ぐことができないコンテンツであったことから、トレンド型ブログサイトとの相性は抜群でした。
今後も時代ごとにあるトレンドに対して、情報収集力を発揮できる人であれば、かなり強いブログサイトを運営していくことが可能だと考えます。

ただし、やはりトレンドというのは、一度ブームが去ってしまうと途端にミクロな市場に穴が空き、需要が一気になくなってしまう恐れがあります。
そのため、常に新たな波をキャッチするためにも、マクロな視点を持って情報収集に取り組む必要があります。

 

3-1. 1人の情報収集には限界がある

やはりこのようなトレンドを掴み続ける際、1人での情報収集には限界があります。
筆者も周りが何に対して興味を持っているか、アンテナをできるだけ敏感に立てているつもりですが、とても難しいです。

特に、世代間のギャップとして生活・働き方・物事の捉え方・物事の感じ方などで存在するため、自分の判断だけでトレンドではないと断定できるものでもないです。

そのため、SNSや別の媒体で様々な人と接触して刺激を受けましょう。
もちろん、ただ刺激を受けるのではなく、接触したのであれば必ずその人から何かを一つ学びましょう。
そしてメモしておくと、ネタにもなるし、トレンドの火種を得られることもあります。

効率的な情報収集も心がけなければならないので、筆者の場合、プログラミングによるプログラム作成で、Web上の特定サイトからのスクレイピングで情報を日毎で取得し、そのデータをテキストマイニングし、毎日単語レベルでどのような変化があるか、単語の出現頻度をグラフ化してトレンドを追いかけたりします。

こればかりは筆者も含め、嗅覚を研ぎ澄ましていく以外にありませんが、情報収集以外にも筆者自身が常に行なっていることがあります。
それは、必ず短期間で検証してみるということです。

例えば、ブログを媒体にしてビジネスをするということ自体もそうなのですが、現在様々なメディアやネット情報でもブログで稼ぐことは非常に困難と言われています。
筆者も2018年から本格的にブログを始めましたが、情報収集をする中でブログは稼ぐことが難しいと認識していました。

当然、すでにブログを長く運営している人が存在しているため、先行者優位の立場にはなれないことは分かっています。
ですが、それでもやる価値があることも分かっていました。

なぜなら、情報収集する中でブログがなぜ稼げないかの一番の理由が、「そもそも続かないから」でした。
そうなんです。みんな書くことを諦めるんです。

つまり、記事を投稿し続けていれば、ライバルが市場を撤退してくれるんです。
ということは、ブログサイトは強くすることができるため、あとはどのようなマネタイズを仕組みとして組み込むかで稼げるではないかと。

ぜひ取り組み続けましょう。

あと、「ブログ 育て方」という複合キーワードでビジネスの内容を踏まえながら記事作成をしていきたいと思い、上記にもリンクを記載した記事を投稿しました。
投稿したのが、2018年12月31日で、確認したタイミングがおよそ21時間後でしたが、すでにGoogle検索結果5ページ目に投稿記事がランクインしていました。

以下に、画像を載せています。

2019 01 01 8.21.01 1024x627 - 【ブログ初心者向け】ブログの稼ぎ方には3種類の方向性がある

SEOとして取りにいきたかった複合キーワードが「ブログ 育て方」だったので(なぜこれが取りにいきたかったかは別記事で解説したいと思います)、とりあえず検索するとおよそ1億件のサイトがヒットしました。

 

2019 01 01 6.20.22 - 【ブログ初心者向け】ブログの稼ぎ方には3種類の方向性がある

試しにページを進めていると、1日経たずに5ページ目の検索サイトとして筆者のブログ記事が掲載されていました。
もちろん、日毎によって検索順位は変わるので、まだまだ安定的なヒットは見込めませんが、このように狙って検索順位を取りにいきます。

これが検索のトップページに上がってきてから、一日にどれほどの流入するページか分析していくわけですね。
大体1ヶ月から3ヶ月ほど観察をしていきますが、この間にも別記事を量産し、数ヶ月後には毎日作成した記事を日毎にどのようなキーワードで、どこまでランキングを上り詰めたか見ていくわけです。

 

4. ブログの種類と稼ぎ方3 技術特化型ブログサイト

最後にこの技術特化型ブログサイトについて解説します。
これは、あなたが持っているスキルについて記事を投稿するブログです。

筆者もプログラミング言語であるpythonと最近書き始めたReact.jsについて技術的な記事を投稿しています。

この場合、広告やアフィリエイトによる収入はほぼありません。
すでに何かしらの技術を持っている人は、それだけで特定の市場で価値を提供することができるので、「自分の商品を持つこと」をオススメします。

この商品を提供するために、特定スキルに関する知識やノウハウを専門的に解説した記事を量産しましょう。

ざっくりまとめただけでもこれだけブログに関して考えることが多いと取り組みづらいと思う人もいるかもしれませんが、修正はいくらでもできるのもブログの良いところです。
簡単とは言いませんが、基本的にはブログ記事書くことがメインなので、少しずつ読まれるものを意識していけば良いと思います。

最後まで一読していただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。