【ブログ初心者向け】ブログは稼ぎ方を学ぶ最高の場所である〜アウトプットの重要性〜




これからは毎日ブログでできること、ブログの力、ブログから得られる多くの知見や記事の資産形成を発信していきます。
2018年から2019年の年末年始からブログの育て方について、筆者の体験から学んだことをテキストやスライド画像を用いて発信していきます。

これを機会に、“発信する”という行動をしっかりと育てていきましょう。

 


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. ブログで発信してきたことで得られた稼ぎ方一覧

まずは筆者がブログを通して発信してきた内容がどのような付加価値を得られてきたのか紹介したいと思います。
また、ブログを活用するにあたって、どのような収益や経緯をもってここまで進められてきたのか、詳細な内容については以下の記事を参照ください。

【収益状況公開】ブログの稼ぎ方を見つめ直す〜来年に向けて〜

ブログの稼ぎ方には3種類の方向性がある

ブログ初心者にとってなぜTwitterは相性が良いのか

次に、2018年にブログを育てたことで得ることができた仕事一覧を1部ご紹介します。

 

これは2018年の8月25日から10月27日までに行ってきた仕事及び作業一覧になります。
一企業のプログラマーでもあった筆者は、そのプログラミング技術やIT知識(特にセキュリティ関連)を活かして、技術特許を取得された製品の営業用資料を作成しました。

青枠のものから説明すると、その後はアプリケーション開発や、とあるプログラミングスクール事業の発足にも関わっていました。

赤枠では、この筆者のブログサイトをより強化する期間として定め、プログラミング関連の記事を作成するとともに、サイトリニューアル、無料配布用資料作成、事業に関するYouTube動画撮影などを製作サイドとして取り組みました。

筆者の考えの一つとして、これからの時代は個人が力をより発揮する時代に移り変わると考えています。
当然、労働力を提供することもありますが、ブログやTwitterなどを利用して発信力を育てると、周りがその個人を発掘して、何かビジネスに関わる内容を自然と集めてくれます。

そのため、ブログやTwitterを駆使すれば、多くの資産を築くことができることもあれば、個人のスキルを活かすために周りからビジネスを持ってきてくれることがあるわけです。

つまり、発信力を育て、ブログを育て、SNSアカウントを育てれば、個人のスキルが必ず活かされます。
逆に言えば、発信しなければいつまでもビジネスに発展させることができません。

ここで、注意することがあります。
では、その発信力はどのように育てていけば良いのかという点です。

現在ではネット環境がとても充実していて、様々な情報を多様な形で大量に得ることができます。
ただ、多くの情報を収集しても活かしきれない人も多くいるのが事実です。

筆者もまだまだ成長し続けなければなりませんが、手に入れることができた情報というのはアウトプットしなければ活かされることがありません。
すなわち、これほど多くの情報が蔓延している中で、学習というインプットばかりに力を入れても、発信力と影響力には全く良い循環を作り出すことができないわけです。

多くの人は、教育機関で学習というインプットの力をしっかりと身に付けています。
インプット方法は、様々な実践例があり、それらを駆使して活かすことのできる人が本当にたくさん存在しています。

そこで、改めてインプット作業とアウトプット作業の違いを把握して、学習した内容をどのように活かしていくか考えていきます。

 



2. ブログでの稼ぎ方の第一歩はインプット・アウトプット

考えがまとまっていなかったり、そもそもアウトプットする内容がなければ、発信することはできません。
そこで、インプットとアウトプットにはどのようなものがあるのか考えます。

 

インプットとアウトプットには、大きく分けて3つずつに区別することができます。

◯インプット方法

・読む
・見る
・聞く

◯アウトプット方法

・話す
・書く
・行動する

あなたが今、この記事から何かを得ようとしていた場合、これはブログ記事になるため、「読む」というインプット作業をしています。
そのほかにも、YouTubeを利用して、何かを見たり、聞いたりすることでもインプットすることができます。

そして、それらの知識を蓄えていくことで、様々な媒体を活用して発信していくわけです。
この発信というのが、アウトプット作業に記載した「話す」「書く」「行動する」にあたります。

この記事も、様々な媒体から情報収集を行い、ビジネスセミナーで一時間登壇した内容を以下にテキストとしてアウトプットしようか考え、今ようやくブログ記事の一つとして投稿することができました。

ここで、改めて言いたいことは、「アウトプットすること」です。
せっかく手に入れた知識です。媒体を利用して発信することで何か得られる可能性をその知識は秘めています。

何かをインプットした場合は、どんな形でもいいので、必ずアウトプットするクセを付け、習慣化すると良いです。

それでもアウトプットについてまだ具体的な方法が見当たらないという人はぜひ次に紹介する2つの方法を実践してみてください。

 



3. ブログでの稼ぎ方の第二歩は方向性を理解すること

筆者は、主に2つの方向性を持って、インプットとアウトプットを実践しています。

 

1つが「広げる」というものになります。
具体的にいうと、「こんなテクノロジーがあったのか!」「これは知らなかった!」のような、アッ!と驚く体験をしている人はピンとくるかもしれません。

もう1つが「深める」というものです。
具体的にいうと、「自分も知っていたけど、そんな考え方があったのか!」「その考えは新しいね!」のような気付かされる体験です。

誰もがこういった2つの「広げる」「深める」といった体験を経験してきているかと思います。
インプット作業している際に、このような実体験をすることは珍しくなく、多くの知見を得ることもできますし、これらをそのままアウトプットすることで発信力を育てることができます。

例えば、あなたが何かを初めて知った時の感動や感じたことをそのままテキストに変換してアウトプットすれば誰かの価値に変わります。
筆者も、このアプリどうやって使うんだろうとか、これ何?みたいなことは日常茶飯事です。

そんな時、誰もがググって解決しようとする場面がありますが、その解決方法を誰かがちゃんと発信してくれてるわけです。
この感覚が身につけば、「広げる」ということに対して、インプットとアウトプットの両方が備わるわけです。

一方で、「深める」というのは大学の論文に酷似しています。
論文というのは取り組んでいる内容をしっかりと理解した上で、データや過去の文献から新たな考察を生み出していきます。
つまり、「なるほどな」と頷かせるわけです。

誰かの知見を広げてあげたい、誰かの考えをより深めてあげたい、そんな方向性を持った記事を作成することで、このブログはビジネスへと発展させることができました。

このように、インプットとアウトプットは密接な関係を持っているわけです。

 



4. インプットとアウトプットがブログの稼ぎ方につながる

このように、インプットとアウトプットの関係性を見ていくと、「知りたい」「気づきたい」「できるようになりたい」という明確な意思を持ってインプット作業を行う一方で、アウトプットというゴールまでたどり着かない場面があります。

そのため、発信力を持ちたいと考えている人は、ぜひどんなアウトプットをしたいのか、どんな成果物を最終的に作り上げたいのかを定めて取り組んでみてください。

この記事がそんなあなたの1つの参考記事として役立てていただければと思います。

最後まで一読していただき、ありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。