【ブログ初心者向け】ブログのアクセス解析から見えてくるブログ育成〜Google Search Console〜




別の記事でも、ブログの育て方として「3ヶ月」を意識して運営することをご紹介した記事があります。
その記事の中でユーザーにおけるSEO状況をデータを用いて一部分解説した箇所があります。
もし、興味があれば「ブログの育て方」としてぜひそちらも参照ください。
以下に、その記事を記載しておきます。

【ブログ初心者向け】ブログの稼ぎ方と育て方は3ヶ月を意識すること

ここでは、ブログ運営者である筆者がどのようにSEO対策を行なっているか解説していきます。
実際のアクセス解析の様子と考察を交えた内容になるので、テキストと画像のボリュームが多少ありますが、お付き合いください。

 


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. ブログのアクセス解析するならGoogle Search Console

結論からいうと、ブログ運営するならGoogleと友達になることを推奨します。

具体的に、Googleと友達になるというのはどういうことかというと、Googleアカウントを無料で作成することで、様々な有益な機能を利用することができます。
これらは、全て無料で利用できるので非常に便利ということです。

そのため、Googleアカウントを持つだけでそれらの素敵な機能を利用することができるので、もし利用されていない人がいれば、ぜひ活用しましょう。

また、別の記事にてGoogleの有益な機能について紹介する記事も作成していこうと思いますので、ぜひチェックしておいてください。

今回は、主にブログ運営の際にチェック必須となるアクセスについてです。
やはりブログというのは記事自体がメインコンテンツであり、それらの記事コンテンツが読まれなければ運営していくモチベーションにならない、ましてやビジネスにつなげる原動力としてブログが活用できないということになります。

そこで、筆者が実践するSEO対策の状況をGoogle機能を用いてどのように行なっているのか解説していきます。

あなたはGoogle Search Consoleをご存知でしょうか?
すでに利用されている人もいるかと思います。もしまだ利用していないという人は、アクセス解析の時にとても役立つので利用しましょう。

このGoogle Search Consoleというのは、Googleによる検索結果によってあなたのブログサイトの記事に関するクリック数や合計表示回数、平均CTRや掲載表示順位などを監視、管理、そして改善点を見つけるためにとても役立つGoogleの無料サービスになります。

登録がまだ済んでいない人はぜひこれを機会に登録することをオススメします。

登録した後に、ログインしトップページを表示する次のような全体ページが出現します。

 

これから解説していく内容は、SEO対策として最低限確認しておきたい部分になります。
もちろん、SEO以外にもレポート機能を利用して監視した結果を都度運営者に報告する機能やサイト全体のページごとのエラー検出などを確認するページが存在します。

つまり、SEO以外にもブログサイト全体のパフォーマンス改善に役立てられる機能が充実しています。

その中でも、今回は検索パフォーマンスに着目していきます。

 



2. ブログのアクセス解析1 検索パフォーマンスについて

今回は、2018年1月1日から2018年8月31日までのブログサイトのアクセスを解析していきましょう。
それでは、一つ一つ解説していきます。

 

大きく分けて、確認する箇所は4つ存在します。

①合計クリック数

これは、Googleにて検索された結果から、表示されたページを実際にクリックされた合計回数になります。
2.78万回の合計クリック数となりました。

②合計表示回数

これは、不特定多数のユーザーがGoogleにて検索した結果、ページに表示された合計回数になります。
実際にクリックはされていませんが、リーチすることのできた表示回数としては37.7万回となりました。

③平均CTR

これは、合計クリック数を合計表示回数で割った値となります。
仮に100人がGoogle検索結果として、筆者のブログ記事を表示した際、7.4人がクリックをしたことになります。

まだまだ、タイトル選定やキーワード選定が甘いことを理解することができる数字ですね。
やはり、Google検索結果では、記事のdescriptionが全て記載されるわけではないので、引き付けるようなタイトル選びが課題となります。

④平均掲載順位

これは、まさにSEO対策ができているかどうかが顕著に現れる項目になります。
筆者の場合、様々なSEOにかけたキーワードがありますが、全体の平均値として20位ということになりました。

ここからは、さらに詳細なアクセス解析を行なっていきます。

 



3. ブログのアクセス解析2 クエリについて

検索パフォーマンスでは、それぞれに項目が用意されています。
まずはクエリからです。

クエリとは、実際にどんなキーワードによって検索されているかという情報要求のことをここでは指します。
以下に、具体的な検索状況を確認していきます。

 

左側の赤枠が実際の検索キーワードとなっています。
筆者の場合、やはりプログラミング関連の記事を投稿していたこと、それらに関するキーワード群を利用して検索されていることがわかります。

次に、右側にある赤枠についてです。
こちらが当ブログサイトの検索された際の掲載順位となっています。
あまり、検索されてはいますが、やはり掲載順位が1でないとアクセスは少しずつしか伸びないため、狙うキーワードと検索ボリュームを考慮したSEO対策がまだまだ必要なことがわかります。

また、現在SEOで掲載1位となっているものをフィルタリング機能を利用して表示することができます。
以下に、主な1位の検索キーワードとなります。

 

すくなっっ!!
当然、記事へのライティング技術も必要になりますし、ドメインパワーとしては個人ブログは間違いなく企業レベルには勝てませんし、泣きそうになりますが、それでも1位を取らなくても100万以上ブログから稼げることを知っている筆者としては踏ん張りどころです。
ブログ運営の反省点として、一年間で30記事しか投稿していなかった点がここで響いてきていますが、コツコツ狙っていこうと思います。

 



4. ブログのアクセス解析3 ページについて

次にページという項目を見ていきたいと思います。

 

赤枠の部分が、実際のサイト内にある記事のURLを指しています。
筆者として注目したいのは、各ページごとのクリック数と合計表示回数です。

そもそも、掲載順位が低いこともありますが、平均CTRを確認すると全体的なパーセントが低いことから、検索ワードの選定が甘かった印象を受けます。

また、ここから人気ページと不人気ページの比較をするためにリライトしたり、全くアクセスがなければドメインの評価にも関わることから削除する作業をします。

削除するのは少しだけ勇気が必要ですが、仕方ありません。
有益な情報として認識してもらえなかったということで、改めて記事作成していくことを各ページから改善点を見つけてブラッシュアップしていきます。

 



5. ブログのアクセス解析4 国別について

次に、国別のアクセス状況についてです。

 

赤枠の部分が主にアクセスをしている国ごとの状況です。
当たり前ですが、日本がダントツです。

ただ、アメリカも表示回数としては1万回を超えています。

やはり、エンジニアの人は多くの情報を多言語であろうと収集しようとする行動をとるようです。
エンジニアの場合、英語やフランス語、ドイツ語など様々な言語をGoogle翻訳を利用して読み解こうとします。

筆者も様々な日本語以外の技術的なチュートリアルや資料となるであろう有益なブログサイトは翻訳して読むことがあります。
これは、その職業の気質が現れているように感じます。

 



6. ブログのアクセス解析5 デバイスについて

ここでは、各デバイスでのアクセス状況を確認することができます。

 

左側の赤枠は、各デバイスになります。
それぞれ、PC、モバイル、タブレットが表示されています。

やはりダントツでアクセスされるデバイスは、PCとなっています。
ただ、ここで着目するべきことは、PCよりもモバイルとタブレットの方が平均CTRが高いことです。

各デバイスによって掲載順位が変化するというのは面白いですね。

 

7. ブログのアクセス解析6 検索の見え方について

これはWeb Lightの結果を表示しています。

 

Web Lightの結果というのは、接続状況や端末において通信速度が悪いユーザー向けにGoogleがより簡素的なページとして読み込みの速いページを提供する仕組みです。
変換する必要があるので、こちらから読まれることはないと思いますが、一応項目として存在するので、紹介しておきました。

 



7. ブログでのアクセス解析は重要になる

一通りGoogle Search Consoleにおける検索パフォーマンスの項目についてご紹介しました。
googleアカウントをお持ちでブログを運営されている人は、無料ということもあってこのGoogle Seach Consoleの活用をオススメします。

この他にもGoogleはたくさんの無料サービスを提供しています。

別記事にて、またそれらのサービスをご紹介できればと思います。

ブログを運営している人の一つでも参考になれば幸いです。

最後まで一読していただき、ありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。