【ブログ初心者向け】ブログはリライトすることからSEO対策が始まる

現在、様々な想定ワードを用いてたくさんの人が多くの情報をネット上から収集しています。
筆者もその中の1人なわけですが、ブログ運営をする身として、いつも情報収集の中でチェックすることがあります。

それは、更新日です。
もちろん、ブログサイトの構成によってはリライトしていても更新日が変更されていないこともありますが、それぞれのブログで表示するかは自由なので反映されていないこともあります。

ただ、基本的にSEOで掲載順位が高いブログサイトほど、最終更新日が更新されており、リライトされていることがわかります。
つまり全てのブロガーが一発で記事投稿からSEOのトップを取っているわけではなく、リライトを重ねて念願の掲載順位1位を獲得しているんです。

ここでは、そんなリライトにおけてチェックしなければならない項目を一つ一つ解説していきます。

 


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. ブログ初心者はリライトしないとSEOの効果を得られない

やはりブログを運営するわけですから、ブログ初心者が考えるのは何と言っても記事作成ですよね。
これなくしてブログのコンテンツは成立しないわけですから当然と言えば当然です。

しかし、すでにこれは落とし穴にハマる典型的なパターンです。

アクセスが伸び悩んでいる人は、おそらくリライトすることを前提に記事を作成していないことになります。

確かに初期段階では、1記事作成するのにも苦労します。
ですが、そう簡単にSEOが改善されるわけではないです。

以下に筆者のブログサイトにて、全てのページの平均掲載順位をお見せします。
こちらはアクセス解析を行うために利用しているGoogle提供サービスのSearch Consoleになります。

 

このSearch Consoleについて詳しく知りたいという人は、こちらの記事を参照ください。
表示されている項目やそれらに関する詳細情報、このブログサイト自体をデータにアクセス解析を行なっている状況を解説しています。

【ブログ初心者向け】ブログのアクセス解析から見えてくるブログ育成〜Google Search Console〜

筆者も現在全てのページの平均掲載順位が約20位となっています。
ありがたいことに掲載順位1位を取れているキーワードもあります。

この掲載順位1位を取るためと平均掲載順位の底上げのためにリライトを繰り返しました。

2018年の一年間では30記事程度でのブログ運営でしたが、上手くブログを活用することで年間収益100万円以上を達成しています。
これも収益状況を公開している記事がありますので、以下に記載します。
興味がある人は参照ください。

【ブログ初心者向け】【収益状況公開】ブログの稼ぎ方を見つめ直す〜来年に向けて〜

つまり、30記事程度でも戦える状況に持ち込むために筆者はリライトを行いました。
掲載順位が月ごとに変化するのをSearch Consoleから確認する効果測定を行い、収益化までたどり着きました。

 

2. SEOに効くブログ記事のリライト術① 検索ボリューム

SEOで最大限の効果を上げるためにはリライトを行う必要があります。
そのために想定しているユーザーが実際に検索しているキーワードを選定することが重要です。

また、検索ボリュームに対する検索結果も考慮するとよりSEOが狙いやすくなります。

 

この画像では、ざっくりと検索ボリュームと検索結果についての関係性を図解しています。

検索ボリュームというのは、想定しているキーワードにて特定の期間でどれほど検索されているかという数値です。

検索結果というのは、想定しているキーワードで実際に検索した結果、どれだけのサイトがヒットするかという数値になります。

それぞれの項目で「多い」「少ない」に分かれるので、簡単に分類すると4つの特徴が見えてきます。

ブログ初心者であれば、3番目と4番目を狙いにいきましょう。

 

この画像は、想定しているキーワードの検索ボリュームを数値として表示するGoogleの提供サービスであるキーワードプランナーです。
このように検索ボリューム的に狙えそうなキーワードを選定していきます。

また、並行して想定キーワードで実際に検索し、検索結果でヒットするサイト数と競合サイトを調査します。
そうすることで、狙えるキーワードかどうか判断していきます。

キーワードプランナーの詳細な情報は別記事にて記載しているので、そちらを参照ください。
他にもブログ最適化・高速化・SEO対策に利用できるGoogle提供サービスを紹介しています。
興味がある人は確認してください。

【ブログ初心者向け】ブログの稼ぎ方はGoogleと友達になることから始まります。

 

3. SEOに効くブログ記事のリライト術② 記事内容の見直し

やはりSEOで効果を上げていくためには、リライトの重要なポイントとして検索ユーザーの検索意図を持たす情報を載せておくことです。

そのため、競合サイトと比較しプラスアルファな情報を追加していくリライトになります。

ただし、これでも想定通りに掲載順位が上がるとは限りません。
検索順位は絶対的評価ではなく、他サイトやコンテンツ含めた相対的評価となるため、ドメインパワーによるものもあります。

だからこそブログ初心者はリライトしなければ、いつまでも掲載順位を上げることができず、諦めてブログ放置になってしまいます。

また、記事内容についてですが、長文にこだわることもないです。
そもそも継続して記事を書いていくのであれば、リライトは前提にあるので気軽に書けると思います。

そして、長文ばかりに時間をかけても、くどいような文章で内容が薄いとすぐにページからユーザーが離れてしまい、ページ滞在時間が伸びません。

これも重要なドメイン評価の一つの指標なので、ページ滞在時間を増加させる施策が必要となります。

 

4. SEOに効くブログ記事のリライト術③ 内部リンクの活用

3つめのリライト術は、内部リンクの活用です。

 

ブログを運営したばかりだと、検索ユーザーはかなり貴重な存在です。
いかに検索ユーザーをブログサイトから離れさせないかイメージして複数ページと内部リンクを結合してください。

ディズニーランドは夢の国だけあって、閉園ギリギリまで粘るタイプの筆者ですが、ブログもそんな気持ちで満足できるサイト構成と記事構成を心がけましょう。

そのため、リライトを前提に考えた場合、複数ページとの連携も加味した上で記事作成すると、かなりスムーズにSEOで効果を上げられます。

 

5. まとめ

主に3つのSEOに効くブログ記事のリライト術をご紹介しました。

・検索ボリュームを意識したキーワード選定

・記事内容の見直し

・内部リンクの活用

これらを意識することで、スムーズなブログサイトが構築され、検索ユーザーも満足するブログサイトに生まれ変わっていきます。

あなたのリライト方法の1つとして参考にしていただけたら幸いです。

最後まで一読していただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。