【ブログ初心者向け】ブログ記事の書き方以前にネタがない人は必見!〜ネタは生み出すもの〜




筆者はよくブログ記事を作成するときに喫茶店に向かいます。
コーヒーを飲みながらPCを開くと、「書き終わるまで帰れない。」というスイッチが入ります。

ブログ初心者の人は、「ブログ記事が書けない。」「ブログ記事のネタがない。」「書き方はどうすればいいだろう?」という悩みに直面します。

書き方については、自由に書けばよいので慣れてこればあなたのオリジナルコンテンツが生まれると思います。

問題なのは、ブログ記事のネタがないため、ブログ記事自体が書けない状況になることです。

その問題を解決するために、ここではブログ記事のネタをいかに生み出し、ブログ記事を書いていくかを一つ一つ解説していきます。

 


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. ブログ記事のネタの前に目的と目標を決める

 

冒頭でも記載した通り、やはりブログ初心者の人が陥りやすいパターンとして、「ブログ記事のネタがない。」という状態です。

ただ、この状態はブロガーとしてはかなり深刻な状況です。
ネタがなく、ブログ記事が書けないということは、コンテンツ提供の停止を意味するわけですからね。

ブログを始めるということは、必ずブログテーマというものが存在しているはずです。
そのブログテーマに関連したものが様々な形に変化して、ブログ記事として作成されていくわけです。

つまり、「ブログ記事のネタがない。」という状態は初期に設定したブログテーマが厳しいものなのか、そのブログテーマで書いていくほどの情報収集ができていないか自身の知識不足ということになります。

ブログテーマというのは逆算して考えなければなりません。
「こういった記事を書いて有益な情報を発信したい!」「あるテーマを元に記事を量産してアクセスアップを目指したい!」という明確な目的と目標が必要にあります。

 

画像では、ブログの目的として「アクセスアップ」を掲げている例になります。

例えば、このようにアクセスアップを考慮する場合、中目標として3つを作成するとよいでしょう。

そして、その中目標を達成するためにタスクを具体的にツリー状に作成します。

このように、ゴールから逆算することで具体的なタスクを洗い出していきます。

タスクの中に、”リライト”と”サイト最適化・サイト高速化”を記載しています。
これらは確実にアクセスアップのために発生するタスクになるため、特に重要になります。

もしあなたがアクセスアップを考えているなら、”リライト”に関する記事、”サイト最適化・高速化”に関する記事が別記事にてまとめてあります。
すでにタスクの洗い出しができている場合は、詳細な内容を記載したそちらの記事を参照ください。
以下に、詳細記事のリンクを記載しておきます。

【ブログ初心者向け】ブログはリライトすることからSEO対策が始まる

【ブログ初心者向け】ブログの稼ぎ方はGoogleと友達になることから始まります。

 



2. ブログ記事のネタはツイッターから見つけられる

 

別記事にて、ブログとツイッターは神連携であることを解説した記事があります。
詳細な内容をぜひ知りたいという人は、そちらを参照ください。
以下に、URLを記載しておきます。

ブログ初心者にとってなぜツイッターは相性が良いのか

それでは、ツイッターから記事ネタを獲得する方法をご紹介します。

 

冒頭でも記載した喫茶店での出来事をツイートしたものになります。

すると次のような返信をくれた人がいました。

 

この返信をきっかけに今回の記事作成をすることができました。

このように、何か日頃思っていることをつぶやいてみると、アウトプットした効果によって反応をいただき、それを元に膨らませていけば記事が作成できます。

記事が書けないという悩みについての返信からそれらを思いつかせてくれるネタというのは、自らの発信から生み出すことができるわけです。

続いて、筆者のアカウントの固定ツイートに対して、こんな反応をしてくれた人がいます。

まずは、固定ツイートから載せます。

 

筆者はプログラマーであるため、プログラミングの学習がとにかく欠かせません。
大好きなことを職にできているので構わないのですが、生涯勉強し続けなければITに置いてかれるので仕方ありません。

そんな固定ツイートに反応してくれた人のツイートです。

 

筆者の固定ツイートに感化され、そして共感してくださった人がいます。

このツイートによって、プログラミングに対する学習方法と実践による結果をいただけると、データとして利用させていただくことができ、プログラミング関連の1記事に利用することができました。
記事ネタはちょっとした共感や反応から得られることが、自身のツイートから実証できました。

どちらもお礼を込めて、返信させていただきましたが、とても嬉しい出来事でした。
お二方、その節はありがとうございました。ここで感謝申し上げます。

 



3. アウトプットによる循環でネタを生み出す

 

ご紹介させていただいたツイッター活用で、記事ネタのヒントを得られることがわかっていただけたかと思います。

つまり、インプットばかり行なっていてもいずれ限界きてしまうと言えます。

なぜなら、インプット作業をストップさせてしまえば、アウトプット量が減少するとともに、言語化のレベルが低下してしまうからです。

ぜひアウトプットからブログの記事ネタを生み出していきましょう。

また、インプットとアウトプットについて詳細に解説している記事があります。
この記事を読み終えた人は、そちらも参照ください。
以下に記事を載せておきます。

最後まで一読していただき、ありがとうございました。

【ブログ初心者向け】ブログは稼ぎ方を学ぶ最高の場所である〜アウトプットの重要性〜



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。