【ブログ初心者向け】ブログは20代から始めるべき4つの理由

business 0112 icatch 728x455 - 【ブログ初心者向け】ブログは20代から始めるべき4つの理由

筆者は新社会人になってから数年が経過しましたが、20代からブログを始めました。

一つの取り組むきっかけとしては、、、

「何かアウトプットできることはないか。」

「自分にできることはないか。」

それらを模索して辿り着いたのが、発信力を持つブログでした。
また、発信力をブログを通して身につけたことで、収益化までたどり着くことができました。

今回の記事では、なぜ20代から始めるべきなのか、そしてアウトプットすることでどのような変化をもたらすのか具体的に解説していきたいと思います。

 


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. ブログを20代から始めれば圧倒的な差が生まれる

 

リクルートによる社会人の学習時間について、調査された興味深い内容があります。

「あなたが自主的に行なっている学習テーマは何ですか?」

このような質問に対して、社会人の新人(入社1年目)、若手(入社4年目)、中堅(入社7年目)の方々が回答しています。

結果から要約すると、、、

新人 -> 半数以上取り組んでいない

若手 -> 6割弱取り組んでいない

中堅 -> 7割弱取り組んでいない

というものになっていました。

これは、社会人になってから学習、つまりインプット作業をやめてしまっている人が不特定多数存在していることになります。

かなり深刻なデータですが、現実にこのような結果が現れているので、信ぴょう性は高いと思います。

そして、これだけの割合でインプット作業をしていないということは、アウトプット作業に関して行なっている社会人はさらに少数となります。

ここでは、ブログ運営からビジネスへ発展させることを目的とする読者が大半だと思いますが、この結果をみてどう感じたでしょうか。

筆者は、圧倒的な差を作り出すチャンスと捉えています。

 

2. ブログでアウトプットすれば学習時間は必ず確保される

 

次に、社会人における1週間の平均学習時間についてです。
同じく、リクルートの調査で判明した結果を要約します。

新人 -> 約5時間

若手 -> 約4時間

中堅 -> 3時間以下

これは一日の平均学習時間に変換すると、新人の場合は約43分、若手の場合は約34分、中堅の場合は約26分以下ということになります。

もちろん一概に全ての人に当てはまることではないとしても、学習時間を削ってしまえば何かを生み出すことやましてはビジネスをすることなど皆無です。

事業を発足するだけが全てではないですが、そもそも学習時間もなく、アウトプットすることもなければ、人生の選択肢に広がりを持たせることができません。

一方で、ブログというのは必ず記事を作成し、運営していかなければなりません。

記事作成をするにしても、何かインプット作業やアウトプット作業から得られた経験や知見を駆使しないと書き上げることはありません。
そのため、作成時間が間違いなく平均学習時間を超えることから、何かインプットを行う時間は平均学習時間を簡単に上回ることができます。

そして、アウトプット作業が必ずセットでついてくることから、ブログの影響力や資産化に繋がるので、大きなメリットだと言えるでしょう。

 

3. ブログはプライベート学習に直結できる

 

次に、どんな目的で学習を行なっているかを調査した内容になります。
同じく、リクルートの調査で判明した結果を要約します。

回答が圧倒的なものは、「現在の仕事のパフォーマンス向上のため」でした。
それを前提に以下の結果が算出されています。

新人 -> 7割

若手 -> 6割

中堅 -> 6割

このような結果となっています。
つまり、自らのための作業を行えている人が圧倒的に少ないことを指しています。

もちろん、属している会社の学習時間に割くことは当然ですが、かなり所属先の仕事に依存している状態で、プライベートに学習時間を割くことができないようです。

それでも自分のプライベートの仕事に割くことができなければ、フリーランスや独立することはさらに困難な状況となる結果でした。

ブログに置き換えると、仕事で培った内容だとしても、ブログ自体が個人的な活動になるため、必ずプライベートの学習時間として換算されます。
なおかつ、ブログ記事で発信するわけですから、絶対的にプライベートを切り売りする必要があります。

だからこそ、あなただけの発信力、影響力、ブログ資産化につながるわけです。

 

4. ブログは関心のあるテーマを選ぶべき

 

サブタイトルのブログは関心のあるテーマを選ぶべきとありますが、そもそもその関心のあるテーマがありませんという人がいれば、残念ながらブログを始めることができません。
なぜなら、関心を持てないことでブログは運営し続けることができないからです。

そのテーマを見つけることすら、自分の学習時間を割いて行わなければならない一つの課題です。

ここで、リクルートの調査内容でこれまた興味深い内容があります。
質問として、「あなたが取り組まない理由は何ですか?」という内容を聞いたところ、次のような回答だったので要約してお伝えします。

着目する箇所を一つに絞ってお伝えします。

新人 -> 関心のあるテーマがない16%

若手 -> 関心のあるテーマがない25%

中堅 -> 関心のあるテーマがない26%

このように、「関心のあるテーマがない」と回答した社会人は、それぞれのパーセントとなります。

また、日々の仕事が忙しく、学びの時間が取れないと回答した社会人がもっとも多かったです。

確かに日々の仕事に追われた場合、学びの時間は減少します。
ただ、社会人なら全ての人がそうなります。
誰もが生きてくために必死で働いています。

学生も社会人も全ての人が24時間の中でどのように生活するか考えています。
決して特定の1人だけが学習する時間が取れないと言い訳して、作業しているわけではありません。

どこかの時間を捻出したり、削ったりしながら時間を確保しなければなりません。

筆者は、IT企業に勤めていましたが、残業時間は月平均60時間ほどでした。
会社勤めは2年半ほどしかしていませんが、勤務年数が上がるごとに会社から拘束される時間は増してくると考えていたため、3年間が勝負だと思っていました。

平日、自宅に戻ってプライベート業務を行うのは、いつも9時ごろから始めていました。
娯楽なんて捨てました。

自由な時間を手に入れてあとからたくさんの娯楽を楽しむために、プライベート業務へフルコミットしていました。
土日は8時間以上学習に費やしていました。
自分の商品を作るために日夜改良の繰り返しだったので、手を休めませんでした。

その結果、ブログは成長し、不労所得を築き上げることができたわけです。

その収益状況を公開している記事がありますので、気になった人はそちらも参照してみてください。
こちらにリンクを貼っておきます。

【ブログ初心者向け】【収益状況公開】ブログの稼ぎ方を見つめ直す〜来年に向けて〜

 

5. まとめ

 

ブログは簡単に始めることができる一方で、収益やビジネスまでつなげるのは社会人にとって難しいかもしれません。

もちろん、筆者も苦労した部分もあり、伸び悩んだことはたくさんあります。
成功するまでの過程にたくさんの失敗を経て、今の結果につながりました。

だからこそ、20代で始める理由がここにあります。

まだ何色にも染まっていない状態、そして時間を確保できる今だからこそ、先に取り組まなければいけません。
確かに周りを見れば、すでに始めている人がたくさんいるので、追い抜くことができないと現状を卑下してしまうでしょう。

ただ、それではいつまでたっても現状は変わりません。
変えたいなら今やるべきです。

そして日夜研究して追い抜けばいいんです。

筆者も2018年から本格的にブログを運営しましたが、時代的に参入が遅いと周りにたくさん言われました。

しかし、今ではその言葉を発してくれた人たちは、ブログ界から消えてしまいました。
なぜか筆者が残り、収益をあげています。

つまり、続けることに価値があることと、周りが勝手に脱落してくれるということです。

それに、商品を持てば必要だと思ってくれる人はアクセスや影響力に関係なくユーザーから求めてもらえます。

ブログ資産を蓄えていきましょう。

あなたのブログに対する考え方や、学習におけるインプット作業・アウトプット作業の一つとして参考になれば幸いです。

最後まで一読していただき、ありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。