【SEO対策】Google Analyticsとは? 〜導入手順から使い方までを徹底解説!〜




今回の記事では、Google Analytics(アナリティクス)とはどんなものなのか、導入手順からその使い方までをできるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

 

おそらく、この記事を読む人は何かしらサイト運営をしている人であったり、これから運営することを考えている人かと思います。

 

このGoogle Analyticsは、そんなサイト運営をする中で必須のツールとなると言っても決して過言ではありません。

 

それどころか、Webサイトを運営するために、利用するかしないかで成果が大きく変わります。

 

特に、すでにサイト運営を行う中で利用できる状態にしている人も多いと思います。

 

SNSや様々なプラットフォームでも個人から企業まで、多くの立場で利用されているメディアサイトですが、今後もますますWebマーケティングの価値が高まっていくことが予想されます。

 

しかし、現状として多くの人が以下のような問題を抱えているように感じます。

 

①アクセス数だけの数字の増減確認だけで終わっている
②分析データから改善施策を創出できない
③Google Analyticsのレポートの見方が分からず分析ができない

 

これらの問題を解決することが重要になってきます。

 

今回の記事では、分析データを取得するためのGoogle Analyticsの導入手順と使い方までを解説していきます。

 

詳細な分析手法に関しては、別記事にてまとめていきたいと思います。


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. Google Analyticsとは?

Google Analytics(Googleアナリティクス)とは、Googleが提供している無料サービスです。
用途としては、Webサイトに関する様々なアクセス解析を行うツールとして用いられます。

 

このGoogle Analyticsを利用することで、登録したWebサイトのユーザー行動に関するデータを解析することができます。

 

例えば、、、

 

「Webサイトに対して訪問者はどれくらいなのか」
「そもそも訪問者はどこからきているのか」
「訪問者の年齢層は」
「訪問者が利用しているデバイスは何か」

 

などなど、様々なユーザー情報を獲得することができます。
この有益なデータ群を利用して多くのユーザー行動を解析していきます。

 

なお、このGoogle Analyticsを利用するにあたって、データ計測を行うためトラッキングコードを埋め込む必要があります。

 

多くの方は、自身のメディアサイトをWordPressで構築していることと思います。
もちろん無料ブログサービスである様々なブログサイトを利用することもありますが、基本的にはWordPressの利用を推奨します。

 

なぜなら、メディアサイトを長期的に運用するにあたって独自ドメインを利用するWordPressは、とても有用することができるためです。

 

つまり、収益化などを目的として運用している方であれば、WordPressの利用は必須に近い形となります。

 

それだけ、WordPressはカスタマイズに置いて自由度が高く、Google Analyticsとの連携もプラグインの導入などでスムーズに利用することもできるからです。

 

また、このカスタマイズ性の高さから、データ計測後の結果をメディアサイトにいち早く導入し、改善策を打てるのも魅力的です。

 

そのためにも、メディアサイトとの相性を考慮し、Google Analyticsの導入をぜひ検討してみてください。

2. Google Analyticsの導入方法〜簡単3ステップ〜

次に実際にGoogle Analyticsの導入方法を簡単に解説していきます。

 

押さえておきたいポイントは主に3つになります。

2-1. Googleアカウント作成

様々なGoogleツールの恩恵を受けるためには、兎にも角にもアカウント作成が必須です。

 

すでにGoogleアカウントを作成している人は、自身がGoogle Analyticsと連携させたいアカウントを選択しましょう。

2-2. Google Analyticsアカウント作成

次にGoogle Analyticsに関するアカウントを作成・設定していきます。

 

また、このGoogle Analyticsと連携させるためのサイトのURLが必要になるので、用意しておきましょう。

2-3. トラッキングコードの設置

このアカウントを作成することで、登録したサイトのURLに紐づいたトラッキングコードと呼ばれるものが発行されます。

 

このトラッキングコードをサイトに埋め込むことで分析データを取得することができます。

 

基本的にトラッキングコードは、HTMLに設置する必要があります。

 

つまり、HTMLに設置したトラッキングコードによって、Googleにて読み取られGoogle Analyticsにてデータを計測することができます。

※トラッキングコードの設置方法が分からない方へ(WordPress)

もしも、Google Analyticsのマニュアルを読んでいても設置方法が分からない場合は、WordPressのプラグインを利用することをおすすめします。

 

↓プラグイン名↓

 

Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

 

Google アナリティクスのレポートとリアルタイム解析をダッシュボードに表示します。また、ウェブサイトのすべてのページにトラッキングコードを自動的に挿入します。

 

これにより、非常に簡単に導入していただけます。

3. Google Analyticsの使い方と各種機能

上記の手順に沿って実際に導入ができたところで、Google Analyticsの使い方を理解していきましょう。

 

いきなりGoogle Analytics上にデータ取得ができているわけではないので、データ取得できている段階で確認していきましょう。

 

すでに導入が完了している人は、分析箇所を一つずつ確認してみてください。

 

以下では、、、

 

①オーディエンス
②集客
③行動
④コンバージョン

 

これらの基本機能に関しての概要を解説していきます。

 

また、分析項目も多いことながら、利用するサイドメニューの項目も多いので、確認しながら取り組んでいきましょう。

3-1. Google Analytics – オーディエンスメニュー

まずはじめに確認するのは、「オーディエンス」についてです。

 

このオーディエンスの概要では、サイトの訪問数(セッション数)、ユーザー数、PV数、ページ/セッション、平均セッション時間、直帰率などが確認できます。

 

さらに、大項目のメニューの中に、詳細な分析項目が用意されており、必要に応じて利用します。

Webサイトにおけるアクセス解析において、各メニューの概要ページは基本的に確認しましょう。

 

分析に関して理解できていないとしても、直感的にわかりやすい分析項目の取得データを確認することができるためです。

 

アクセス解析の第一歩として、「概要」ページは押さえておきましょう。

3-2. Google Analytics – 集客メニュー

次に集客メニューについてです。

 

この集客メニューでは、Google Analyticsと連携させたWebサイトに対して、各ユーザーがどこから訪れたのかが把握できます。

 

「集客」>「全てのトラフィック」>「チャネル」を確認してみてください。

具体的な流入経路の説明は以下の表を元に解説していきます。

 

Organic 検索エンジンからの流入
Paid Search リスティング広告からの流入
Display バナー広告からの流入
Affiliate アフィリエイトサイトからの流入
Referral 外部サイトからの流入
Social ソーシャルメディアからの流入
Email メールからの流入
Direct 参照元が不明な流入
Other 上部のどれにも該当しない流入

 

3-3. Google Analytics – 行動メニュー

次に行動メニューについてです。

 

先ほどの集客メニューでは、各ユーザーが運営しているサイトへの訪問前のアクセスポイントを確認するために役立っていました。

 

その反面、行動メニューでは各ユーザーのサイト内での行動をデータとして確認することができます。

 

「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」の順でクリックしてみてください。

このようにサイト内のすべてのページに対して、PV数、平均ページ滞在時間など、確認することができます。

 

次に「行動」>「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」の順でクリックしてみてください。

このようにランディングページごとのセッション数なども確認することができます。

 

また、Google Analyticsにおけるランディングページとは、サイトに対して最初に到達したページのことを指しています。

 

画像の上側に表示されている「入口からの遷移」を選択すると、2ページ目に訪れたページなどのデータを確認することもできます。

3-4. Google Analytics – コンバージョンメニュー

最後に、コンバージョンメニューについてです。

 

おそらく、Google Analyticsを導入しているものの、このコンバージョンメニューの利用ができていない人が大半なのかなと感じています。

 

このコンバージョンというのは、目標達成とも言い換えることができ、自身の目標達成を行うための設定です。

 

つまり、目標達成値=コンバージョン設定となります。

 

詳細に関しては、別記事を作成していきたいと考えていますが、今回は視覚的に分かりやすいゴールフローページをお見せしようと思います。

3-4-1. ゴールフローとは?

ゴールフローとは、ユーザーがコンバージョン設定(目標達成値)として、定めたものに対してどのように到達したか確認することです。

 

つまり、目標到達プロセスをユーザーの経路として可視化してくれるものになります。

今回は、こちらで決めた特定の1ページをコンバージョン設定し、経路を確認していきます。

 

また、ゴールフローのレポートを使用することで以下の疑問点が解消されます。

 

・ユーザーがどこから目標到達プロセスに入ったか
・目標到達プロセスの途中でユーザーが離脱ステップがあるのか
・トラフィックが前のステップに引き返す場所があるのか
・他のセグメントと動きが異なるセグメントがありのか
・セグメントのコンバージョンは増減しているのか

 

様々な情報を読み解くことができますが、今はどこからのプロセスで到達しているか直感的に理解できれば良いと思います。

 

少しずつと慣れていきましょう。

 

次の画像は、さらにコンバージョンを深掘りするための画像になります。

このように、コンバージョン設定したページの前後のアクセス解析を可視化した状態で確認することができます。

 

また、今回は分析項目をランディングページによる状態で確認していますが、様々な分析項目にて変更して確認することもできます。

 

各ユーザーがどのページから運営しているサイトに侵入し、どのような経路でコンバージョン設定した特定ページへ訪れ、その後どのようなページを経由して離脱していったかまで分かります。

 

いかにコンバージョン設定した分析が有用なものか感じ取れたかと思います。

4. まとめ

Google Analyticsによる様々な機能はいかがでしたでしょうか?

 

必要に応じて利用できるようになれば、これほど役に立つアクセス解析ツールは他にないと思います。

 

また、今回はあくまでもGoogle Analyticsにおける各機能の概要について解説してきました。

 

今後は、それぞれの機能を利用した分析手法を記事にしていきたいと思います。

 

最後まで一読していただき、ありがとうございました!



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。