プログラミング初学者にオススメする学習サイト




こんにちは、スギです。

 

 

近年は、働き方改革により残業時間の短縮を半強制的行われ、勤務時間内の自動化や効率化という言葉が流行し、プログラミング言語のPythonの需要が高まっています。

 

 

そのため、Pythonの学習を始めては見るものの「実際にどう学習していけばいいのか」、「何から手を付ければいいのか分からない」という方がいらっしゃるかと思います。

 

 

今回はそういったお悩みを持つ読者のために、筆者がオススメするプログラミング学習サイトをご紹介していきたいと思います。


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. プログラミング学習の前に

プログラミング学習サイトのご紹介前に、やるべき事や覚えとくべき事がありますので、始めにそちらからご紹介していきます。

 

そもそもプログラミングって何?という方もいらっしゃるかと思います。

 

プログラミングが何なのかも分からず、学習を進めていても面白くありません。

 

スポーツやゲームでもある程度ルールなど分かっていないと楽しめないですよね。

 

なので、プログラミングについてとプログラミング言語について解説していきます。

 

1-1. プログラミングとは

一言で言えば、コンピューターに指示をする事です。

 

僕ら人間同士が仕事やプライベートなどコミュニケーションのやり取りを行うように、コンピューターとやり取りを行うことをプログラミングと言います。

 

そして、人間同士では友好関係が長かったりすると「あれやっといて〜」や「これは直しといて」など内容が具体的ではなく、ざっくりとした説明でもやり取りする事が可能です。

 

しかし、プログラミングではそういったニュアンス形式の指示ではコンピュータは動きません。

 

具体的にどうすればいいのか、どう直せばいいのかコンピュータにーに分かりやすく伝えないとこちらの要望に答えてくれ奈緒のです。

 

すでに学習されている方はエラーなどに苦戦した事があるかと思いますが、その根本的な原因はコンピューターがその指示では動けないという事です。

 

1-2. プログラミング言語とは

プログラミングとはコンピューターに指示をする事とお伝えしました。

 

では、プログラミング言語とは何なのかというと、コンピューターに指示を出すための言語です。

 

僕ら日本人は、日本語という言語を扱ってコミュニケーションを行なっています。

 

また、言語は日本語だけでなく英語やドイツ語、フランス語とたくさん存在します。

 

プログラミングの世界でも多くの言語が存在し、それぞれ書き方が異なっています。

 

ですが、基本的にプログラミング言語は書き方が違えど、意味合いはほとんど同じです。

 

例として英語と日本語を比べてみます。

私は犬が好きです。

I love dogs.

この二つは書き方が違いますが、主語と動詞と名詞の三つで構成されているのが分かりますよね。

 

このように、コンピューターに指示を出す複数のプログラミング言語が存在します。

 

2. オススメの学習サイト

プログラミングとプログラミング言語にてザックリと解説したところで、本題に入りたいと思います。

 

今回オススメする学習サイトは以下になります。

 

・Progate

・DjangoBrothers

・Techpit

・Chainer

 

3. Progate

まず初めにご紹介するのがProgateです。

https://prog-8.com/

 

もはやここで紹介するまでもないかと思うくらい、プログラミングを初めて学習する人が触れるサイトになっています。

 

筆者がProgateをオススメするのは以下になります。

・環境構築しなくていい

・サービスが充実

・自分の成長度合いを可視化できる

3-1. 環境構築しなくていい

筆者がProgateをオススメする一番の理由が言語の環境構築しなくていい事が挙げられます。

 

本来ならプログラミング言語によって、ご自分のPCでコンピューターに指示できるように設定をする必要があります。

 

ですが、Progateではアカウント作成を行うだけで学習をする事ができます。

 

IDE(総合開発環境)のように、学習するために必要なツールなどが全て揃っているため、どんなにPCの扱いに不慣れな人でも手軽に学習をする事が可能です。

 

3-2. サービスが充実

Progateでは様々な言語に加えて、環境構築の方法やGitの扱い方などサービスが充実しております。

 

より深く学習していくには、多少の課金が必要になりますが、それでも安すぎるくらいの内容です。

 

もし、どういった言語を学習するのか決まっていない方は色々な言語に触れてみるのもアリかと。

3-3. 自分の成長度合いを可視化できる

また、Progateではレベルアップ機能があり、サービス内の課題をクリアしていくごとにレベルアップしていくので、自分がどのくらい成長できているのか可視化できるようになっています。

 

これにより、プログラミング学習におけるモチベーションの維持に繋がり、ゲーム感覚で楽しむ事ができます。

 

「何から手をつけていけばいいのか分からない」、「何の学習サイトで勉強していけばいいのか分からない」というお悩みを持つ方はこちらのProgateからとり進めていくのをオススメ致します。

4. DjangoBrothers

DjangoBrothersはPythonを学習されている方にオススメする学習サイトになります。

https://djangobrothers.com/

 

名前の通り、アプリケーションフレームワークであるDjangoでのアプリ開発を目的としたチューリアルサイトであり、アプリを開発する上での基礎的な概念や応用まで幅広く学習を行う事ができます。

 

こちらはPython限定になっていましますが、全て無料でサービスが提供されています。

 

筆者がDjangoBrothersをオススメするのは以下になります。

・プロダクトベースで学習ができる

・解説が丁寧

4-1. プロダクトベースで学習できる

DjangoBrothersでは、初めにどういったものを作成するのか把握した後に学習を進めていくので、自分が今何をやっているのか脱線しにくくなっています。

 

書籍などでの学習ではインプットばかりで「これがどう使われるんだろう、、」と疑問を持ちながら学習を進めていくことも多々あるかと思います。

 

ですが、こちらの学習サイトでは作りながら学べるので、学習効率もよくモチベーションの維持しやすいです。

 

4-2. 解説が丁寧

プログラミング初学者がアプリ開発と聞くと、「自分には難しそう、、」とハードルが高く感じてしまいそうですが、DjangoBrothersでは初心者でも分かりやすく丁寧に解説されています。

 

コードの解説だけでなく、ファイルの作成やモジュールの互換性を保つ仮想環境の構築方法などPCの操作方法も記載されているので、挫折しにくい配慮が徹底しています。

 

筆者はProgateなどでPythonの基礎がある程度理解できて次のステップにこちらの学習サイトに手をつけることをオススメします。

5. Techpit

Techpitは「サービスを作りながらプログラミングが学べるプログラミング学習教材」をコンセプトにした学習サイトになります。

https://www.techpit.jp/

 

また、Techpit は現役エンジニアが作った教材でサービス開発に必要なスキルが学べる学習プラットフォームですので、実務経験を多く積まれた方のスキルを学べる貴重なサービスを提供してくれています。

 

DjangoBrothersと同じく、プロダクトベースのサービスとなっており有料にてPythonだけでなく様々な言語のサービス提供を行なっています。

 

筆者がTechpitをオススメするのは以下になります。

・分からないところはサービス出品者に質問できる

・環境構築からデプロイまでの流れが分かる

5-1. 分からないところはサービス出品者に質問できる

ご自身が学習されている言語のサービスを購入して、自分が分からない箇所があった場合、すぐに質問をする事ができます。

 

本来、サービスを開発していくには自分自身で問題の解決をしていきますが、プログラミング初学者のうちにサービスの開発からエラー回収など全てのことを行うには大変苦労します。

 

ProgateやDjangoBrothersでは質問する際にはSNSやmailにて行う必要がありますが、Techpitではサービス内容の項目ごとに質問フォームが設置されているので、手軽に質問する事ができます。

 

QiitaやteratailなどのプログラミングQ&Aを兼ね備えた素晴らしい学習サイトとなっています。

5-2. 環境構築からデプロイまでの流れが分かる

Techpitではサービスの開発に止まらず、ネットに開発したサービスを公開するところ事も可能です。

 

デプロイではGitやHerokuを使用するので、少し難しく感じるかもしれませんが、自分のスキルアップ為にも是非チャレンジしましょう。

 

自分が開発したサービスをSNS等で発信する事で反応してくれるのは嬉しいですよ。笑

 

Techpitは「アプリ開発だけでなく、様々なサービスを開発してみたい!」、「オリジナルサービスの開発に挑戦してみたい!」という方にオススメです。

 

Techpitで様々サービスを開発する事ができれば、プログラミング初心者からは卒業し、自分で情報収集や問題解決のスキルが身についていると思われます。

 

そこからは他の言語を学習したり、スキルを磨いていって自分の市場価値をあげる事に専念したり、今のスキルを活用して個人で稼ぐ方向にフォーカスしたりと選択できるでしょう。

 

6. 番外編:Chainer

ここではPythonをもっと深く極めたいという方に一つの手段としてご紹介します。

 

Chainerという学習サイトをご存知でしょうか?

https://tutorials.chainer.org/ja/

 

こちらはディープラーニングのチュートリアルサイトであり、数学の基礎、プログラミング言語 Python の基礎から、機械学習・ディープラーニングの理論の基礎とコーディングまでを幅広く解説している学習サイトになります。

 

恐らく、Pythonを学習されている方は機械学習やAIなど興味を持たれていると思います。

 

しかし、機械学習をやるとなってもプログラミング初学者にとってはハードルの高いジャンルになりますので、いきなり手をつける人は極わずかです。

 

Chainerではディープラーニングを行うまでの過程である数学やPythonの基礎から機械学習に到るまで網羅的に提供されています。

 

全ての過程を理解するにも、かなりの時間と根気強く学ぶ精神が必要になりますが、全て無料にて公開されていますのでチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

もし、全て理解ができるようであればIT業界では無双できるでしょう笑

 

7. まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はプログラミング初学者に対して筆者がオススメする学習サイトをご紹介していきました。

 

もし、この記事にてPythonを学習したい思われた方は、今回の学習サイトを参考に実践してみてください。

 

最後までご購読していただき、有り難う御座います。

 

 

 



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。