AI搭載のドラレコ無料アプリ「スマートくん」iOS版リリース





2019年12月5日、ニューラルポケットは世界初となるAI搭載のドライブレコーダーアプリ「スマートくん」のリリースを行なった。

この「スマートくん」というアプリには、シンプルな操作で利用できるドライブレコーダーとなっており、複雑な設定をすることなく利用できます。

iPhoneを利用する車のダッシュボードに取り付け走るだけで、AIを利用した運転録画を可能としています。


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 


おすすめのプログラミングスクールの比較・特徴をまとめた記事を執筆しております。

挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。

【比較表・無料体験あり】おすすめのプログラミングスクール3選!オンライン学習で完結!

 

完全無料で全機能を提供している


価格が気になるところでしたが、完全無料ということです。

また、運転の録画、再生、AIによる物体検知等、全機能を無料で利用できるのは運転者としてコスト・機能面含め安心です。

アプリダウンロードはApp Storeで行えます。

すでに利用者が存在しており、今後はドライブレコーダーはスマートフォンが行うのが一般的になる可能性がありそうです。

AIによる物体検知機能やその他機能


AIによる物体検知を機能として実装しており、これまでのドライブレコーダーではできなかった危険察知の提供を実現しています。

さらに、AIによって急発進・急停止などの動作感知、車間距離計測が出来ます。

周辺に映り込む物体(自動車、歩行者、信号機等)をAIによって自動検知し、運転者の危険を警告するといった機能も実装しています。

「スマートくん」は、録画やAIによる物体検知等すべての処理を端末内で完結させるため、アプリダウンロードを除いて、基本的に通信料が発生しません。

繰り返しになりますが、全機能がスマートフォンで関係つしているため、録画・映像再生・AI物体検知等ドライブレコーダーに必要な機能はすべて直感的に操作することができます。

運転者の方も非常に利用しやすいよう考慮された設計になっています。

「スマートくん」の今後のアップデート


今回リリースした「スマートくん」を開発したニューラルポケットは、AI技術を利用して取得した運転データを2020年には運転安全レポートや運転サポート検知等の便利機能として提供する予定となっています。

もちろん、運転者のプライバシーに配慮した上で、道路上のあらゆるデータを取得して、ビッグデータとして活用していくことを検討しています。

なお、Android版の「スマートくん」に関しては、2020年内に対応する予定となっています。

 



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。