【ブログ】1日1件成約させるアフィリエイト記事の書き方





『アフィリエイト記事の書き方がわからない。。』

『書く前に準備することはあるの?』

『具体的にどんな内容を書けばいいの?』

このようなサイト運営を始めたばかりでアフィリエイト記事の書き方がわからない人に向けて解説していきます。

やはり、サイトアフィリエイトにおいて収益化を目指すためには、一つ一つの記事(コンテンツ)が非常に重要な役割を持ちます。

特に、まだブログ・サイト運営を始めたばかりの初心者にとって、取り組み方がわからない状況だと思います。

ここでは、ステップに分けて詳しく解説していきます。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

アフィリエイト記事はタイトルが重要になる

とても当たり前のように思いますが、案外タイトルがアフィリエイトに向いていない記事になっているものがあります。

例えば、芸能人がブログなどに取り組んでいる場合は重要になりません。

なぜなら、芸能人自体に価値が存在するため、芸能人の私生活や裏話など、その人の中身が重要になってくるわけです。

一方、一般人であれば筆者自体に価値があるということはほぼ皆無です。

そのため、狙っているアフィリエイト商品があるのであれば、その商品に関わるキーワードを必ず記事のタイトルに入れなければ、目を引きつけることはできません。

一般的に考えて、知名度がない状態で不特定多数の人たちに記事を読ませるのであれば、検索結果に表示されるよう記事のタイトルにキーワードを入れなければならないということになります。

数字を入れて具体性と想像力を働かせること

実は今回の記事でも数字を入れたタイトルになっています。

狙っているキーワードと複合させて数字を入れることによって、具体的な内容であることが伝わりやすくなります。

ここでは、1日1件という数字を含めていますが、これが1日100件だったら初心者の人にとって現実味がなく、この記事を読むのは玄人向けなのかなと勘違いも起こさせてしまいます。

あくまでも、想像の範囲の中で数字を効果的に利用することで、目を引く記事を作成することができます。

また、1日1件というのは、より具体的に想像させることができると思います。

例えば、これからビジネスを始めようと考える人がいるのなら、お金を稼ぐことを考えます。

そのため、どうしなければならないか調べるとき、個人のみで1円も稼いでいない人であれば、記事のタイトルに『まずは1円を稼ぐことから考えよう!〜ビジネスの始め方〜』みたいなタイトル記事があるとクリックしてみたくなると思います。

1日1件も同じで、これからアフィリエイト記事の書き方を学びたい中で、まずは1件の成約がスタートになるわけです。

このように、キーワードを含めながらも、さらに具体的な想像を働かせることができるタイトルをつけられると、効果的な記事タイトルとなり、結果的にアクセスを集める記事に変化していきます。

アフィリエイト記事の構成を決めること

この内容自体に正解というのはありません。

強いて言えば、成約が取れたアフィリエイト記事が正解になるわけです。

ただ、確立された書き方があるわけでもないし、ブログアフィリエイトをこれから始める人にとって、アフィリエイトの記事構成は非常に難しく捉えてしまいます。

ですが、非常に簡単な方法でアフィリエイト記事の構成を決めることができます。

それは、ライバルサイトのアフィリエイト記事の構成を考察することです。

アフィリエイト記事の最も有名なキーワードとして、”おすすめ”というワードが存在します。

『ビジネス本 おすすめ』『アフィリエイト おすすめ』『クレジットカード おすすめ』などなど、おそらく世の中の大半のキーワードの後ろにおすすめと加えれば、アフィリエイト記事が検索上位に表示されると思います。

もしも、すでにあなたが狙っているキーワードが存在するのであれば、そのキーワードの後ろに”おすすめ”と入力して、検索してみましょう。

その後、検索上位に表示されたライバルサイトを考察します。

すると、ある法則に気づき始めます。

例えば、今回『〇〇 おすすめ』と検索した場合、おそらく多くの記事内容ではいくつかおすすめする商品がメニュー表のように並べられて選択できるようになっていたり、なぜ〇〇をおすすめしているかレビューしてから商品の購入を促しているかと思います。

はたまた、『〇〇の始め方』などで検索すると、〇〇の具体的な始め方を画像を通して解説していたり、始めるためにどうするべきか手順を載せていたりします。

このように、単純に商品を紹介する記事もあれば、解説記事の中で自然と商品を購入させる(商品を購入しなければ先に進めない)ような記事もあるということです。

あなたが狙っているキーワードは、どのような方法で利用されており、アフィリエイト記事として構成されているかライバルサイトを考察して、自分の中に取り込んでいきましょう。

アフィリエイト記事ではセールスライティングのコツを押さえておく

意外とセールスライティングについて考えていない人が、ブログアフィリエイトでは数多く見受けられます。

コンテンツの質が高ければ、説明がしっかりと構成できていれば購入してもらえると勘違いしている人は少なくありません。

筆者自身、ブログを通して約1300人(2020/02/25時点)のメルマガ登録者を達成し、プログラミング関連のオリジナルコンテンツ販売を行っていますが、購買意欲を高めることができる内容になっていなければ、どれだけコンテンツが良くても意味がありません。

例えば、世界で一番品質の高いグラスがここにあったとしましょう。

このグラスの販売価格は1万円です。

さて、世界一の品質を誇るこのグラスですが、私がいきなりあなたに対して『この1万円のグラス買いませんか?』と尋ねたらどうしますか?

十中八九購入するわけないですよね。

よっぽどグラスに目がないって人でない限り、購入しようとは思いません。

ましてや、このグラスに関して何一つ宣伝もしていなければ、購買意欲を掻き立てるような解説も何もしていません。

これでは、どれだけ素晴らしい商品であっても売ることはとても難しいです。

何か商品を売るためには、購買意欲を掻き立てるあるいは即購入させてしまうような広告が必要になります。

ブログはあくまでも集客代行という形でユーザーを集める媒体に過ぎず、その後の導線を考えながら記事の内容も吟味しなければなりません。

だからこそ、テレビCMや中吊り広告など、広告費用というのに多くのお金が投じられるほど、重要な部分になってくるわけです。

人は感情によって動き出して、あとから論理を肉付けします。

『この車かっこいい!』『この服かわいい!』という気持ちから購買意欲が発生し、なぜ買ったのか、どうして買ってしまったのか、買っても良かったのか、このように自分自身に説明できる理由を求めていきます。

上記の流れはあくまでも顕在的ニーズ、つまり購買ユーザーが自覚できている状態ですが、実は潜在的ニーズも考えなければなりません。

あなたの作成するアフィリエイト記事がたまたまキーワード的に引っかかってタイトルに引き寄せられ読みに来ているのか、ピンポイントで読みたいと考えて訪れているのか、あらゆるユーザーの状態を考慮して記事を作成することは非常に困難です。

そのため、必ず実施しておいてほしいことがあります。

アフィリエイト記事のターゲット層を明確にすること

あなたがこれから作成したいと考えるアフィリエイト記事は、どうしたってユーザーを待ち受ける立場でしかないです。

つまり、ユーザーが訪れない限り、読んでもらうことができない状況です。

もちろん、ツイッターやYouTubeなどのSNS集客ができる人は別ですが、ブログ媒体だけで考えれば、いわゆるSEOからの流入が基本的な考え方です。

そのため、どんなターゲット層があなたの狙ったキーワードを検索するか熟考する必要があります。

更に言えば、そのターゲット層の中でも、より具体的なペルソナ像を想像して、その人にピンポイントで刺さるアフィリエイト記事を用意しておく必要があるわけです。

例えば、『男女必見!-5kg痩せることができるダイエット方法!』というタイトルの記事があったとします。

このタイトルからわかるのが、太っている男女をターゲット層にしていることです。

次に、『30代女性必見!好きなものを食べながらでも痩せられる!?〇〇式ダイエットとは?』というタイトルがあるとしましょう。

このタイトルでは、30代の女性で好きなものが食べたいけど痩せたいとも考えている、このようにペルソナ像を具体的にしていくことで、狙うターゲットがどんどん絞られていくのがわかると思います。

このように絞っていった結果と狙ったアフィリエイト広告が効果的に結びつくように、記事を作成していく必要があります。

そして、記事の内容自体も、どのように広告まで導くか考えながら、ターゲットの悩みを解決する形を目指していきます。

SEOでトップを目指す記事を作成すること

これは、ブログでアフィリエイトするためには避けて通れない道です。

ただ、重要なのは狙っているアフィリエイト記事でトップを目指すということではありません。

もちろん、狙ったキーワードを含めたアフィリエイト記事で検索上位にランクインすることができれば、それに越したことはありません。

しかし、現在数多くのアフィリエイターが様々な稼げるキーワードを駆使して、上位を独占しているのが現実です。

たとえ、ジャンルがバラバラであっても、あなたが参戦したいと考えているジャンルですら、上位を独占しているライバルサイトが存在しており、アフィリエイト記事として狙いやすいキーワードを獲得されていることだと思います。

ですが、ここで諦めるというのもまだ早いです。

なぜなら、まだまだトップを狙えるキーワードは山ほどあるからです。

そして、たとえ本命として狙っているキーワードでアフィリエイト記事を書いて上位検索されなくても、関連キーワードで上位表示を獲得できている記事さえあれば、そちらから内部リンクで読み進ませる方法があるわけです。

もしも特定のキーワードでしか成り立たないアフィリエイト市場であれば、これほどアフィリエイターの人が増加することなく、一定の売り上げしか出せない市場で終わっていたことでしょう。

現在でもこのアフィリエイト市場は成長市場なわけですが、それが成り立つのは、流入経路自体も関連キーワードで手に入れた検索上位記事にて作り出し、ユーザーを引っ張ってこれれば、アフィリエイト記事として役立てることは間違いなく可能です。

だからこそ、ブログサイトを運営している人たちは、トレンドブログだろうと特化型ブログであろうと、数多くのキーワードを利用して多くの記事を作成しているわけです。

アフィリエイトで稼いでいる人であれば、例外なく流入経路を内部から作り出すために記事を大量生産しているはずです。

まずはたった1記事だけでもいいので、SEOで1位になる記事を作りましょう。

ブログへの世界観がガラッと変わるはずです。

少しばかりSEOでトップを目指すための記事作成方法を記載しておきます。

オリジナリティ溢れる記事であること

これは比較的に簡単です。

なぜなら、筆者がそれぞれの記事で異なるので、あなたの色をその記事に投影できれば、間違いなくオリジナリティ溢れる記事にすることができます。

例えば、どの記事よりも装飾した文字を利用して見やすい記事を作成してみるとか、画像を誰よりも多く含めてわかりやすい記事にするとかです。

さらにわかりやすくオリジナリティを出すのであれば、ツイッターやYoutubeチャンネルのように、キャラクターを作り出すのも一つの方法です。

よくアイコンやサムネイル画像などで、その人だけが使っているキャラクターを使用していることがあります。

こういったキャッチーなものを利用することでもあなただけのオリジナリティ溢れる記事に変化させることができます。

網羅性・専門性の高い記事であること

こちらは少し難易度が高くなってきますが、とても大事な要素になります。

筆者であれば、プログラミング関連の特化型ブログということで、筆者が仕事として取り組んでいるアプリ開発やプログラミングに関する実務経験に沿った内容など、専門性を高めた記事を投稿しています。

また、キーワード群を詳細に分けて、技術の項目ごとに網羅的な解説を行うよう心がけています。

そうすることで、網羅性と専門性を同時に高めていくことができます。

特に考えて欲しいのは、専門性の部分です。

なぜかというと、専門的な内容を説明することになれば、自然と読者にわかりやすく解説するため、網羅的に説明することが当たり前となり、画像や例え話、必要な資料等、あらゆる面で文章が膨大になります。

すると、自然と網羅性と専門性、オリジナリティも達成できると思います。

ライバルサイトに記載されてないものを記事に追加すること

あなたが狙っているキーワードで検索してみると、間違いなく優秀な記事を書いて高いSEO評価をGoogleから受け、輝かしい1位の記事が存在することになります。

筆者の場合、1位から3位までの記事を確認して、それらの記事に盛り込まれていない内容かつタメになる情報を頭を使ってひねり出し、記事に記載していきます。

筆者の書き方でわかりやすく説明できるもので言えば、『〇〇 方法』などで検索される記事があったとします。

1位から3位までの記事で、〇〇を利用した何かしらの方法論が記載されていたとしましょう。

ただ、これだと検索ユーザーは〇〇を利用した方法しか知り得ないわけですが、もしかすると〇〇の方法を試して上手くいかないことも想定できます。

そうした時に、〇〇の方法で上手くいかない場合は△△の方法も解説して網羅性を高めるといった方法をとります。

こうすると、検索ユーザーは顕在的(ユーザーとしては〇〇で試そうとしていたこと)に考えていたこと以外の潜在的(まだユーザーが考えに至っていなかったけど気付かされたこと)な悩みに気づくことができます。

このように、読者が顕在的な悩みを持ってアクセスしているのか、その記事を読んで次に思い浮かべるであろう潜在的な悩みの解決方法も求めているのか、ここまで提示できると読者を惹きつけられます。

ライバルサイトのチェックはそれほどまでに、読者の求めているものがなんなのかがライバルからわかりますし、読者ユーザーの視点から考察すると足りてない部分も浮き彫りになります。

これはとても重要な作業なので、ぜひ取り組んでもらえると飛躍的にアクセスを集められると思います。

自分よがりな記事を書くと、残念ながらSEOで上位を取ることは難しいです。

もちろん、オリジナリティを出すことは大事ですが、あくまで読者の悩みを解決しながらオリジナリティも出していくことが重要になります。

初心者におすすめのアフィリエイト記事の書き方は2パターン

ここでようやく具体的な2パターンのアフィリエイト記事の書き方について解説していきます。

つまり、記事構成のテンプレのようなものです。

おそらく、セールスライティングを身につけなくても、狙って購入させることが比較的簡単に行える方法になると思います。

アフィリエイトを利用した解説記事

具体的に説明していきます。

おそらく、あなたも何か調べているうちに手順がわからなくなってしまうことがあると思います。

『これってどうやって登録するんだっけ?』『新しく〇〇を始めたいけど、始め方がわからない。』こういった時に自然と、『〇〇 始め方 手順』『〇〇 方法』といったワードで検索すると思います。

すると、検索結果として丁寧に画像付きで解説している記事に沿って、手順通りに進めることになります。

その際に、自然と別のサイトへのアクセスURLが設置されたりしており、スムーズに誰かが登録してくれると、その記事の執筆者は収益を発生させることができます。

もちろん、その登録をしたかった検索ユーザーも目的を達成できているわけなので、不自然に導かれた気持ちは持たないはずです。

このように、何かしらの解説記事は有効な方法の一つになります。

アフィリエイトを利用した完結記事

これは特に特化型ブログ記事で利用しやすいかと思います。

例えば、筆者だとプログラミング言語Pythonを利用した技術記事を投稿しています。

その中で、プログラムコード付きの記事をあげています。

その技術記事を読みに来たユーザーは、記事内容に沿ってプログラミングを行い、実際にプログラムの動作結果を得ながら、プログラミング学習を進めることができます。

そして、最後まで記事を読み進めていくことで、そのプログラムによる動作結果を読者は得られるわけですが、動作結果を得られた段階でとりあえず満足感を得られる構成にしています。

つまり、求めていたことができると、人は目的を達成したことになるので安心します。

あなたは何かしら勉強している中で、目的・目標を立てると思いますが、納得できる受験勉強ができたり、スムーズに計画に沿って参考書を終えられたりすると、満足感と安心感が得られると思います。

ただ、そのあとのステップ学習を具体的に考えている人は少ないです。

そのため、根拠を持って次の学習フェーズはこれですよ!と解説しながら、商品を配置しておくと、自然とクリックされ購入までたどり着くことになります。

このように、一度読者が求めている内容を記事内で完結させ、次のステップを提示することでアフィリエイト記事にすることができます。

まとめ

ここまでで具体的なアフィリエイト記事の書き方について解説してきました。

しかし、ここまでの内容はあくまでもアフィリエイト記事の書き方について記載しただけで、アフィリエイト記事の評価の方法やどのようにPDCAを回しながら、改善策を施していくのかは解説していません。

すでにアフィリエイト記事を作成している人でまだ1円も稼げていない人、あるいはこれから始めるために何を考えて取り組んで良いか具体的にわからない人は、ぜひ合わせて次の記事も参考にしてみてください。

ブログアフィリエイトで稼げない人に提案させてください

2020.02.26



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。