プログラミングは無料でどこまでも学ぶことができる?





『プログラミングって無料でどこまで学べるの?』

『プログラミングを始めたけど、いまいち掴みきれていないものがある。。』

こういった曖昧なプログラミングのちょっとした悩みを解決するために解説していきます。

プログラミングといっても、趣味で触れている人もいれば、実務として実践している人もいます。

プログラミング自体はただの文字の羅列に過ぎず、仮想環境上での一つ表現ツールだと個人的に解釈していますが、利用方法は多種多様です。

そんなプログラミングをこれから学び始める人、すでに学び始めたがいまいち熱を帯びて取り組めない人に向けて、どのような基準を持って取り組んでいけば良いか解説できればと思います。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

プログラミングの言語学習は無料で学べる環境が整っていること

ここでは、しっかりとプログラミング学習とプログラミングの言語学習を分けて考えておこうと思います。

プログラミング学習とは、個人的に実務レベルの学習に相当すると解釈します。

開発手法であったり、機能実装であったり、プログラミングに関わる多くの実務が存在する中で、それらを理解するために学習することをプログラミング学習と考えます。

一方で、言語学習は数多くあるプログラミング言語の概念や使い方・記述方法を学ぶことに相当すると解釈します。

言語学習をわかりやすく例えるのであれば、学生時代で必須の科目であった英語の学習と酷似しています。

文法上のルールや利用される単語など、英語を利用する上での学習もプログラミングの言語学習も同じことに思えます。

そして、このプログラミングにおける言語学習というのは、すでに様々な製品やサービスが充実している世の中なので、検索さえできればあらゆるソースから情報をかき集め、学習することが可能です。

そのため、プログラミングにおける言語学習は、無料かつ独学でどこまでも学習することができる環境が整っていると感じています。

プログラミング全般の学習における無料と有料はどこで分けるべき?

個人的に考えるのは上記でも記載した通り、プログラミング言語の学習については無料で学習し続ける方がコスパが良いと思います。(無料だから当然ですが。。)

なぜなら、プログラミングに関する有料のものを購入しなくても、Googleで検索すればほぼ間違いなく言語学習についての情報を取得できるからです。(マイナーな言語であれば分かりません。)

ましてや、SNSや周りの環境を上手く利用すれば、まず間違いなく学習サポートに対応してくれる人も見つかると思います。

筆者自身、Twitterで@sugi_rxというアカウントを利用していますが、1日無料メンターやDM等のご相談を随時受けています。

他にも数多くの人がSNSを通じて、コミュニケーションを取れる環境を整えているので、お声がけしてみるのも良いかもしれません。

そのため、プログラミングの言語学習と無料相談(進路や今後の計画について)などは、積極性と情報収集力さえあれば、Google検索を活用して無料で獲得できるものかなと思います。

では、プログラミング学習において、何を基準に無料と有料で区別しながら取り組みべきなのでしょうか?

無料でのプログラミング学習には限界がある

ここで理解しておかなければならないのが、無料でのプログラミング学習には限界がある、ということです。

プログラミングにおける言語学習だけを考えるとするならば、ほぼGoogle検索活用で独学による学習も行えることだと思います。

しかし、一言でプログラミングといっても、実務レベルを身につけるとなると話は大きく異なってきます。

言語学習で習得したプログラミングの概念をどのように利用しながら、アプリケーションに落とし込んでいくのか、はたまた出来上がった後の管理などはどうするかなど、サービス展開に至るまであらゆる内容を一貫して経験した人でなければ、”働く”までに至れません。

そして、実務を経験した人でなければ相談には乗れないでしょうし、実務経験者だからこそ何を学ぶべきかお伝えできる内容があるわけです。

つまり、無料で学んできた以上の内容(実務レベル)になる場合は、有料で学ぶことになります。

もっと詳細に言えば、エンジニアとして稼げる技術になるであろうポイントの学習内容は、有料になっていると思います。

プログラミング学習における基準を設けること

前述してきた通り、プログラミングの言語学習だけであれば、無料での学習を行いましょう。

エンジニアを希望する中で、短期間で就職・転職を叶えたいのであれば、間違いなく有料で環境を手に入れることをお勧めします。

圧倒的速度と学習に対する強制力を手に入れることができます。

この強制力についてですが、人は思い立ってから少しずつモチベーションが低下してしまいます。

やはり、学習においても金銭的な支払いを果たしていることで、損をしないためにモチベーション維持を図ることができると思います。

そして、この有料の環境を手に入れる際に基準を設けることを意識しましょう。

プログラミング学習で一度挫折したタイミングを基準にする

おそらく、プログラミング学習を始めたばかりの人であれば、どこかのタイミングでモチベーションの維持や内容の難しさで挫折した経験がある人もいると思います。

また、挫折したタイミングで学習していた内容が、言語学習を乗り越えて発生している場合、有料の環境に飛び込むことをお勧めします。

なぜなら、情報収集する中で、それ以上の解決策や取り組める環境、実務未経験では手に入れることのできない思考がその先に存在するからです。

もちろん、挫折をまだ経験していない人であっても、短期間でプログラミングを習得するのであれば、いずれ通ることになるプロセスだと思います。

エンジニア希望であれば、まず間違いなく速度感を重視することになります。

必要に応じて基準を設けて、プログラミングに取り組める環境を整えておきましょう。

Pythonに特化した学習を進めたい人へ

筆者自身は、Pythonista(Python専門エンジニア)としてプログラミング言語Pythonを利用していますが、これには取り組む理由があります。

プログラミングの世界では、IT業界に深く関わる技術的トレンドがあります。

日夜新しい製品・サービスが開発されていく中で、需要のあるプログラミング言語を扱わなければなりません。

トレンドに合わせた学習がプログラミングにおいても重要となるため、使われることのないプログラミング言語を学習しても意味がありません。

こういった点から、トレンド・年収面・需要・将来性などを含め、プログラミング言語Pythonは学習対象としておすすめとなります。

オンラインPython学習サービス – 『PyQ™(パイキュー)』

「PyQ™」は、プログラミング初心者にも優しく、また実務的なプログラミングを段階的に学べることを目指し、開発されたオンラインPython学習サービスです。

Pythonにおける書籍の監修やPythonプロフェッショナルによるサポートもあり、内容は充実しています。

技術書1冊分(3000円相当)の価格で、1ヶ月まるまるプログラミング言語Pythonを学習することができます。

特に、、、

・プログラミングをはじめて学びたい未経験者

・本、動画、他のオンライン学習システムで学習することに挫折したプログラミング初心者

・エンジニアを目指している方(特にPythonエンジニア)

かなり充実したコンテンツと環境構築不要なため、今すぐにでも学び始めたい・学び直したい、Pythonエンジニアを目指したい人におすすめです。

オンラインPython学習サービス「PyQ™(パイキュー)」
※技術書1冊分の価格から始めて実務レベルのPythonが習得できます

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

2020.03.07

 

おすすめしたいプログラミング学習プラットフォーム

独学・未経験から始める人も少なくないので、プログラミング学習の継続や学習を続けたスキルアップにはそれなりのハードルが設けられています。

また、プログラミング学習においても、学習者によってはすでに学習対象とするプログラミング言語や狙っている分野が存在するかもしれません。

そのため、さらに費用を抑えてピンポイント学習に取り組みたいと考える人も少なくありません。

そこで費用を抑えた上でプログラミングに取り組みたい人へ、オススメしたいプログラミング学習プラットフォームを紹介していきます。

 

プログラミング学習プラットフォーム – Udemy

Udemyは、世界最大級のオンライン学習プラットフォームとなります。

世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービスとなっており、Udemyは米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォームで日本ではベネッセが事業パートナーとして協業をしています。

<利用者実績>
受講者数:約3000万人
講師数:約42000人
講座数:約10万

 

お手頃な価格帯の豊富なコンテンツ

1講座あたり数千~数万円程度で実践的なスキルアップが可能となっています。

講座は一度購入すれば視聴期限なく受講することができます。

また、30日返金保証もついているので安心して始めることができます。

 

学びやすい多彩な機能

0.5~2倍の変速機能で自分のペースで受講を可能にする機能や、専用アプリを利用することでスマホからオフライン環境でも学習対象となる講座の視聴が可能です。

また、講師にアプリ・サイト等の直接掲示板から質問ができるため、疑問を解決し自学自習をサポートしています。

 

どんな人が対象者になるのか?

 

Udemyを検討するにあたって、次のような内容で悩んでいるあるいは目的としている人にオススメすることができます。

・習得したいプログラミングスキルが明確で、年収アップのために学習しているエンジニア

・テクノロジー、ビジネスに関するスキルアップに関心が高い人(特にAI・機械学習を学んでスキルアップを検討されている人)

・Adobeのソフトなどウェブデザインを学びたいと考えている人

・仕事に関連して、スキル獲得や資格取得が必須な人

・転職・再就職・副業のために自己投資を検討している人

これらの内容に当てはまる人は、利用しやすい環境が整っています。

 

Udemyの主要コース

Udemyには数多くの講座ありますが、分野ごとに学習対象を区分けしておきましょう。

登録してすぐにでも学習が始められるので、特化した分野を以下にまとめておきます。

プログラミング学習は時間を無駄にせず、素早く学習を始めることも大切なので、一分一秒でも習得したいプログラミングスキルに時間を費やしましょう。

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy
※講座数10万の中から取り組みたいものが分野別・レベル別で見つかります

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座
※実践的なPythonスキルを身に付けたい人におすすめ

 



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。