Webデザイナーという職業はもう無くなる!?

00 00 00 728x447 - Webデザイナーという職業はもう無くなる!?

フリーランスのWebデザイナーという職が消滅するのでは?という話が上がっています。そんな馬鹿な、、、と思うかもしれませんが、調べれば調べるほど納得してしまう内容。

「私もやばいかも!」と思った方の為に、どのように戦略的に生計を立てていくかをまとめてみました。

 

1.フリーのWebデザイナーの主な仕事

Webデザイナー - Webデザイナーという職業はもう無くなる!?

まず、Webデザイナーの仕事は以下のようなものが挙げられます。

  • Webサイト制作
  • Webサイトのリニューアル
  • Webサイトの管理運用
  • LP作成
  • バナー・画像作成

 

-1.Webデザイナーの仕事は単価が低いものが多い

Webデザイナーの仕事をいくつか挙げましたが、ほとんどのものが単価が低く、それだけで生計を立てるのがかなり難しいです。

そのため、Webデザイナーがそれだけで生計を立てようと思った場合、単価の高い仕事を選んでとっていく必要があり、Webサイトの制作が主になります。

 

最初はイラストやグラフィックデザインの仕事(バナー画像や名刺、デジタルイラストの作成など)をやりたくてこの業界に入ったのに、結局それらの案件は単価が低いことが多く、気づけばWeb製作メインになってしまったと言う人も多いですね。

 

-2.フリーランスのWebデザイナーの仕事の受け方

フリーランスが仕事を受ける場合、主に取り方は主なものが以下の3つです。

  • 身内や知り合いから仕事を受ける
  • クラウドソーシングを利用する
  • テレアポ・訪問営業で新規クライアントを獲得する

 

クラウドソーシングの発達、普及によりWebデザインの仕事を取りやすくなった為、以前よりフリーランスの数はかなり増えました。しかし、フリーランスの供給が増えた分「クラウドソーシングで頼めば安くやってくれるでしょ?」と言う人が増えた為、どんどん単価は下がっています。

 

2.Webデザイナーという職業がなくなっていく理由

ambivalence 2 - Webデザイナーという職業はもう無くなる!?

なぜWebデザイナーという職業に限界があるのでしょうか。その理由を挙げていきます。

 

-1.仕事内容がフロントエンドエンジニア寄りになっている

Webデザイナーの大半の内容は、機能の追加・削除・変更が加わったりするので純粋なデザイナーというよりは、エンジニア的な立ち位置が求められます。フロントエンドエンジニアとWebデザイナーの仕事は結構異なります。使う脳やスキルも異なってきます。

 

その為、内部システムまではいじれないWebデザイナーが多く、スキル的な問題から駐在も不可になることが多々あるのです。

結果的に、フロントエンドエンジニアがデザインを兼任するような風潮が来ています。

 

-2.プログラミングスクールの影響で母数が増えた

Webデザイナーという仕事は、サーバーサイドのエンジニアなどに比べて成果物が分かりやすく、仕事に直結しそうなイメージがありので、「サーバーサイドエンジニア」を打ち出すよりも、仕事が分かりやすそうな「Webデザイナー」を前面に打ち出すプログラミングスクールが増えたことも問題の一つです。

 

結果的に、Webデザイナーを目指す人が増えたため、殆どのWebデザイナーが同じように仕事が取れずに困惑しています。仕事が取れないために単価を下げたり、要望を全て受け入れたりなどの事例が起こっているので少しずつ相場観が崩壊しつつあります。

また、一部の悪質なクライアントは「フリーランスで活動しているやつなら、こき使える」という感覚を持っている人すらいるのが現状です。

 

-3.Webサイト自体に限界がきている

SEOやランディングページで集客をするというブームは過ぎ去り、もはや大半の企業はすでに、HPもランディングページを持っている状態です。

また、現在はSEO対策をするというのが当たり前の時代で、もはや対策していないところはないでしょう。その為、カッコいいデザインを作ればお客さんが集まるという事はありえません。Webサイトにお金をかければ集客効果があるという時代ではないので、この先Web制作という市場はどんどん縮小していきます。

 

その為、今はUIが優れているかどうかではなく(むしろそこは出来ていて当たり前)、UXがいかに優れていてどんなユーザー体験を与えるか?というところにフォーカスを当てることが重要になってきているため、デザイナーというよりもマーケッターや経営者的な視点が必要とされています。

 

-4.クラウドソーシングサービスの普及

クラウドソーシングサービス普及に伴い、Webデザインという仕事自体の単価が下がってきました。物価の低い海外の地域にいる優秀なエンジニアが仕事を獲ることができてしまうのも問題です。

クラウドソーシングサービスで仕事を取り、どこにいても仕事をするスタイルは誰もが憧れるものですが、クラウドソーシングだけで生計を立てるというのは不可能に近いでしょう。

 

3.Webデザインだけでは将来性がないかも

technology desk 2000x1200 1 - Webデザイナーという職業はもう無くなる!?

Webの仕事は成果物が見えやすく、フリーランスのWebデザイナーは仕事が取れやすそうというイメージを持っていた人も少なくなと思います。

しかし、以上のようにWebデザイナーは今はまだ仕事が取れていても、この先どんどん市場は縮小していき、生計を立てていくのが難しくなっていきます。

 

そのため、多くのプログラミングスクールや教材に影響されてプログラミングの勉強でまずWebデザインを学んでいる人もいるかもしれませんが、フリーランスを目指すなら、戦略的にWebデザイナーよりもシステムエンジニアを目指す方がいいかもしれません。

 

 

機械学習や分析の分野に興味があり、pythonを学びたいと思っている方は是非こちらもどうぞ↓

誰でも30日間で習得出来るpython学習法