3年後じゃ手遅れ?未経験からフリーのエンジニアになるべき3つの理由

728x486 - 3年後じゃ手遅れ?未経験からフリーのエンジニアになるべき3つの理由

よく3年働いたら独立と言ったりしますが、フリーランスという働き方に憧れても、なかなか食っていけるか心配で踏み出せないという人も少なくないのではないかと思います。しかし、実は結論からいうと3年どころか未経験でいきなりフリーランスのエンジニアを目指しても食っていく事は全然可能です。

今回は、未経験でもフリーランスのエンジニアになれる根拠を話していきたいと思います。

 

nomagram - 3年後じゃ手遅れ?未経験からフリーのエンジニアになるべき3つの理由

フリーランスのエンジニアの需要

T - 3年後じゃ手遅れ?未経験からフリーのエンジニアになるべき3つの理由

独立を考えているエンジニアが気になるのは、独立したあと個人で実際に仕事を取ルことが出来るだろうかということでしょう。結論から言うと、プログラミングのスキルがあれば、フリーランスのエンジニアとして独立することが可能です。

高度な知識やスキルが必要なエンジニアは、フリーランスの中でもニーズの高い仕事です。その為、エンジニアは他のフリーランス職よりも高収入を狙いやすいという特徴があります。

 

もちろん、スキルは必要ですが今後ますます増えていくであろうフリーランスの職業の中でも、需要が高まる傾向にある職業です。

 

エンジニア未経験者でもフリーランスで稼げる理由

.png - 3年後じゃ手遅れ?未経験からフリーのエンジニアになるべき3つの理由

実績が無い人が、いきなりフリーランスになって食べていけるのか?と心配になる人もいるかもしれません。なぜ、フリーランス未経験者でも問題ないと言い切れるのか?それには以下のような明確な根拠があります。

 

1.深刻なエンジニア不足

今、IT業界は深刻なエンジニア不足に陥っており、優秀なエンジニアだけでなくそうではないエンジニアまで、引く手数多という状態です。

エンジニア不足の背景には、エンジニアの3K(キツイ、帰れない、給料安い)やイメージ的に大変そうと思っている人が多いことが挙げられます。

 

その為、多くの企業が今エンジニアを求めており、あなたがフリーランスになっても仕事を獲得する事はそう難しいことではありません。

 

2.フリーランスの需要が高まっている

企業が正社員を雇う場合は、仕事の報酬に加えて、社会保険や交通費など、直接仕事に関係しない費用も負担しなければなりません。

一方で、フリーランスに仕事を頼む場合は、仕事の報酬だけで済みます。つまり企業側にとってもフリーランスに仕事を発注する方が、経費を安く抑えることが出来るというわけです。

 

今後さらにフリーランスの需要が高っていき、雇用を減らして、外部のフリーランスに仕事を依頼することが多くなっていきます。

 

3.エンジニア未経験向け求人も多い

ここ数年でクラウドソーシングサイト(フリーランス向けの求人サイト)が急激に発展しました。クラウドソーシングでは大規模な案件から、未経験者歓迎というものも数多く存在します。

もちろん、このような仕事は単価は低い傾向にあります。とはいえ、未経験者でも仕事を取りやすいというのは非常にありがたいことです。

 

最初は実績がない状態で仕事を獲得していくのは難しいですが、フリーランスとして仕事をこなして実績を作ることができれば、それだけ仕事を取れる機会は増えていきます。現在は、未経験者からでも実績を作りやすい環境が整っています。フリーランス未経験者からでも仕事をこなすことが出来るのです。

 

未経験でもフリーランスになれる

「フリーランスとして独立したいけど、未経験の自分でもなれるのかな?」今回の記事で、このような不安を少しでも解消してもらえたのではないかと思います。

エンジニア経験がなくてもフリーランスのエンジニアとして働くことは可能です。むしろ、これからはフリーランスのエンジニアの需要がどんどん高まっていく時代なので、企業に就職して3年経験を積まずとも、むしろ個人で仕事を取っていく方が技術、収入ともに高くなります。

 

この記事を読んでも、どうしてもフリーランスとして独立をするのが不安であれば、まずは副業としてフリーランス業を始めるのも良いでしょう。会社に在籍しながら、休日に少しずつフリーランスとして仕事をこなし、ある程度実績を作ってから独立するのも1つの方法です。

 

あなたも今から少しずつ、自由な時間と会社員以上の収入が得られる一流フリーランスを目指して、コツコツと準備を整えてはいかがでしょうか?

ぜひ、あなたを支援するツールとして、Pythonを選んでみてはいかがでしょうか?