テキストマイニングとは?〜分析したデータから新たな知見を見出す〜





テキストマイニングのより詳しい内容を記載したページがあるので、そちらのチェックもしてみてください。

https://su-gi-rx.com/2018/03/28/text-mining-2/

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

テキストマイニングとは?

テキストマイニングとは、自由に記述した膨大なテキストデータを分析・解析する手法のことです。テキストにあるフレーズや単語に分解(形態素解析)を行い、頻度や相関関係などを分析結果として出力します。

例えば、コンタクトセンターなどで企業ごとに蓄積されたFAQのようなデータをテキストマイニングによって精査したデータにし利用します。実際に、このような蓄積されたデータを利活用したい企業はたくさんあります。

 

テキストマイニングの機能概要

では、テキストマイニングは一体どのような機能を持ってテキスト文書を分析しているのでしょうか。

ここでは、簡単に使用されている機能を説明していきたいと思います。

 

形態素分析

形態素解析とは、検索エンジンなどにも用いられる自然言語処理の手法の一つです。

あるフレーズや文章を意味を持つ最小限の単語単位に分解して、文章やフレーズの内容を判断するために用いられます。文章を一つずつ品詞分解(名詞、動詞、形容詞、etc…)して文章がどのような単語単位で構成されていて、どのような意味を持つか判断します。

このような処理を行うことで、Webページやcsvファイルなどに含まれるテキスト文書がどのようなテーマを含んでいるのかをキーワード毎の出現頻度や相関値などを抽出します。

 

構文解析

構文解析とは、文章の成り立ちとなる句の構成要素を解析します。

係り受け解析とも呼ばれています。

 

様々な分析手法

一言に分析手法といっても、各企業が販売している製品やフリーソフトなどが存在します。そのため、各製品によって様々な分析手法が機能として実装されています。

時系列分析 時系列による単語や係り受けの推移をグラフ化
注目分析 ある特定の単語に注目し、他単語との相関関係を抽出
セグメント分析 特定の辞書を作成し、その辞書単位で単語の特徴を抽出

 

まだまだ製品によって分析手法はありますので、気になった製品や分析手法は調べてみると分析したい手法が見つかるかもしれません。

 

テキストマイニングツール

・TRUE TELLER
・TextVoice
・Text Mining Studio

■ フリーソフト
・TinyTextMiner
・KHCoder

 

気になるテキストマイニングツールがあればぜひ調べてみてください!

 

テキストマイニングの活用

実際に、テキストマイニングツールを利用してデータの分析をすることで、様々な知見を得ることができます。

コールセンターやコンタクトセンター、アンケート調査の内容など、企業が蓄積しているビッグデータから新ビジネスや新サービスに繋げるために利用されています。

 

そのほかにも、ビッグデータをテキストマイニングツールで精査し、ファイルでまとめておくことで、人工知能に蓄積させるコーパス(人工知能にデータをインポートし、解析結果から蓄積されたデータのこと)に利用することもできるわけです。

そして、人工知能のシステムを企業が利用することで、様々なサービスを自動化などに繋げているそうです。

 

 

テキストマイニングをはじめ人工知能へと繋がり、企業が提供している様々なサービスが自動化されていくのかなと予想します。

 

それでは!

 

機械学習や分析の分野に興味があり、pythonを学びたいと思っている方は是非こちらもどうぞ↓

誰でも30日間で習得出来るpython学習法



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。