【Python】twitterでの検索キーワードからフォロー自動化

00 728x410 - 【Python】twitterでの検索キーワードからフォロー自動化

1. 自動化プログラムのための準備

今回は、twitterを利用した自動化プログラムをご紹介します。
2017年7月までで、国内月間アクティブユーザ数が約4,000万人とたくさんの方が利用されています。
これからも伸びていくと予想される様々な人気SNSですが、このtwitterに関するプログラムを作成していこうと思います。
ここで、作成するプログラムにて、twitterのAPIを利用します。また、このAPIを利用するために必要な4つのキーが必要となるため、その取得する手順からご紹介します。
その手順についてまとめた記事がありますので、こちらを参考にして進めてください。(5分もかかりません)
参考URL –> 【Python】twitter APIを使用するための各種キーを取得する手順

2. 必要なモジュール

それでは、APIに使用するキーを取得して頂いたことを前提として、必要なモジュールについて説明していきます。
今回利用するモジュールは、、、

・tweepy

上記で挙げたモジュールをインポートして利用していきます。
それでは、ファイルエディタウィンドウを開いて、任意の名前.pyのファイルを作成・保存してください。

3. フォロー自動化プログラム

まずはじめに、ライブラリであるtweepyをインポートします。
各種キーの値は、作成したtwitter開発者ページから取得したキーを代入します。
各種キーをセット後、OAuthHandlerクラスのインスタンスを作成します。
OAuthHandlerインスタンス(auth)に、”ACCESS_TOKEN”, “ACCESS_SECRET”をセットします。
セットが終わったあとは、OAuthHandlerインスタンスからtweepyのAPIインスタンス(api)を作成します。

検索キーワードと検索数にそれぞれ変数を用意し、任意のワードと数値を入力します。
次に検索実行ですが、変数search_resultsに、api.searchによって取得した値を代入します。
最後に、forループで検索結果を順にcreate_friendshipでフォローする処理を行います。

 

★follow.py★

 

 

それでは!!

 

 

機械学習や分析の分野に興味があり、pythonを学びたいと思っている方は是非こちらもどうぞ↓

誰でも30日間で習得出来るpython学習法

 

ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。