【初心者のpython入門】seleniumでログイン自動化!〜Twitter編〜




現在、TwitterのAPIを利用して様々なツールが活躍していますが、プログラミング初心者の人からすれば、「TwitterAPIの利用方法がいまいち分からないし、API取得も厳しくなって面倒。。。」そう感じる人もいるかもしれません。

そこで、今回の記事ではpythonのseleniumモジュールを利用して、APIなしで自動化を図れないか実践していきます。

また、ログインだけでなく、今後はフォローやいいね!も自動化が行えるか実践していきます。

本記事では、seleniumの解説、ログイン自動化までの内容を記載します。

 


汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

1. seleniumとは?

みなさんがよく利用するウェブブラウザがあると思います。

多くの人はGoogle Chromeを扱っていると思いますが、そのブラウザにおいて通常は、人の手で操作していると思います。

seleniumとは、そのブラウザ上の操作をプログラムによって自動的に操作するためのものになります。

seleniumを利用したブラウザ操作は、Web上のシステムの自動テストやスクレイピング等に利用されます。

また、ブラウザ上でのクリックなども行えることから、応用範囲は幅広く、利用価値は高いです。

今回は、そんなseleniumを利用した自動操作を試していきますが、簡単なテストとして少しでも利用しそうなものを題材にしようと思い、Twitterのログインを例にしていきます。

 



2. seleniumに必要な動作環境

ここでは、python・seleniumモジュール・webdriverの三つから動作するプログラムを構成していきます。

また、本プログラムの動作環境としてMac環境を利用しますが、Windows環境でも同様に実施できるかと思います。

 

2-1. pythonのインストール

pythonの公式サイトからpythonをダウンロードします。

公式サイトにて、Mac・Windows版があるので、お使いのPC環境に合わせてダウンロードとインストールを実行してください。

 

2-2. seleniumのインストール

お使いのPC環境がMacであればターミナル、Windowsであればコマンドプロンプトを起動させてください。

起動後は、以下のコマンドを入力して実行しましょう。

pip install selenium

このコマンドを実行後、successfully installedが出力されれば、インストール完了となります。

 

2-3. webdriverのインストール

ここでは、Google chromeのwebdriverをインストールします。

Google Chrome用のwebdriverのダウンロードサイトからインストーラーを取得しましょう。

また、ダウンロードする際に各OSで利用できるよう分類されているので、お使いのPC環境に沿ってインストーラーを取得しましょう。

インストールしたドライバーの配置は、任意のディレクトリに配置しましょう。

ここでは、分かりやすくデスクトップ上に配置して利用していきます。

 



3. seleniumによる本プログラムの解説

ここでは、ブロックに分けてコードの解説をします。

 

上記のコードでは、seleniumのインポート及び利用する各種モジュール(webdriver)を指定しています。
また、timeモジュールも利用します。

ブラウザ上の操作にて、画面表示が確実に行えるよう時間指定を行うためです。

 

ここでは、Twitterのアカウントを複数所持している可能性も考慮して、input関数にて指定できるようにしています。

 

ここでは、driver変数にて、利用するwebdriverのパスを指定して起動させます。
指定するURLはもちろんツイッターです。

その後、findメソッドを利用して各要素を取得し、クリックや入力を実行していきます。

この時にクラスネームやxpath等を指定する必要があります。
これらを確かめて指定する必要があります。

その場合、ブラウザ上で操作を行いたい画面にて、デベロッパーツールを起動し、各種必要なクラスネームやxpath等を取得して利用します。

そして、入力したユーザー名及びパスワードを利用してログインします。

 

最後に、ログインボタンをクリックするためのコードを記述して完了です。

以下に一連のプログラムの全体コードを記載しておきます。

 

 



4. 最後に

実行していただいた人は、どのようにseleniumにてブラウザ上の操作が自動化されているか確認できたかと思います。

このプログラムを応用して、FacebookやInstagramなどにも利用できそうです。

また、次回はこのプログラムを利用しTwitter上にて、検索キーワードを用いてアカウントを検索し、seleniumでフォローを行なっていきたいと思います。

pythonを利用することで非常に簡単なログイン自動化のプログラムを作成することができました。

最後まで一読していただき、ありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。