【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由





周囲のプログラミング初心者の中で、Python学習に『PyQ パイキュー』を利用していることを聞きます。

実際に、Python学習を継続できていることや、コンテンツが豊富なこともありPythonのスキルが習得できているのをみて、評判の良さを知りました。

一方でプログラミング関連の中でも特に、プログラミングスクール等でのYahoo!知恵袋の相談を見ていたりすると、学習者の不安がたくさん寄せられています。

学習の中、プログラミング初心者にとって一番不安や焦燥感を与えてしまっているのが、『実務レベルに到達しているか』という点です。

この記事では『実務レベル』に着目しながら、Python学習サイトPyQがなぜ初心者に選ばれるのかご紹介していきます。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

Pythonオンライン学習サイトPyQとは

PyQとは、株式会社BeProudが運営するPythonにおけるプログラミングオンライン学習サービスになります。

社内のエンジニアの方々も、Web・機械学習等のシステム開発を受託しており、様々な技術を駆使してシステム・製品を開発している会社になります。

また、プログラミング言語Pythonに注力しており、Python研修やプログラミングオンライン学習サービスPyQ、さらには書籍の監修・出版等も数多く手がけられているため、社内の技術レベルも実績から信頼できるものになっています。

Pythonオンライン学習サイトPyQの学習環境

Pythonにおけるプログラミング学習やWeb開発のチュートリアル等では、使い方・動作手順など無料で公開しているものがあります。

しかし、プログラミング初心者だとチュートリアルやドキュメントだけでは、環境構築での苦悩、英語ドキュメントの理解、情報鮮度の見極め方など、取り組むまでの課題が多くプログラミング学習に入る前で挫折することもあります。

その点、PyQではPCでブラウザ環境さえあれば、プログラミング言語Pythonの学習を始めることができます。

複雑なインストールや設定に悩むことはゼロになり、ネット環境が整っている場所であれば、いつでもどこでも学習できるプラットフォームになっています。

時間や場所に制限されてしまう人にとって、できる限り取り組みやすい設計のサービスになっているため、初心者に選ばれる理由の一つになっています。

Pythonオンライン学習サイトPyQのコース内容

主なコースとしては、、、

・未経験からのPython文法

・実務で役立つPython

・Webアプリ・API

・スクレイピング

・データ分析・統計分析・機械学習

などのコースが存在しており、プログラミング未経験でゼロからのスタートであってもPythonを学習・習得できるよう設計されています。

スクレイピングコースでは、PythonライブラリであるRequests、Scrapy、BeautifulSoupなどを用いてクローラー開発を1から行うことができます。

また、学習者が実務レベルを経験できるように、各コースに実務内容のクエスト(学習コンテンツの単位)を用意しているところが魅力的です。

上記でも記載した実務に役立つPythonコースで言えば、ユニットテストから設計まで含まれており、初心者用の技術書や無料オンライン学習サイトでは学びきれない内容に取り組むことができます。

Pythonオンライン学習サイトPyQのクエスト内容

PyQの実務に役立つPythonコースの詳細を見ると、このように各学習コンテンツとしてクエストが用意されています。

すでに学習済みのクエスト内容であれば、飛ばすこともできるように学習方法が設計されているのも魅力的です。

また、基本的に各コースで実務でのPythonというクエストが設置されているため、質の高い学習コンテンツに取り組むことができます。

Pythonオンライン学習サイトPyQの学習レベル

プログラミング言語Pythonの学習において、大きく分けて以下のレベルが存在すると思います。

初心者:Pythonにおける文法を理解

中級者:各種ライブラリを理解し用途に沿ったスクリプトファイル生成

上級者:インフラ設計からアプリ開発を行える

経験者:実務レベルに到達

PyQでは、各コースのクエストで学習をしていくことで、文法理解から実務レベルまで包括しているサービス内容となるため、レベル別学習であっても一歩先のPython学習を実現できます。

Pythonオンライン学習サイトPyQの料金体系

PyQの料金体系として、以下の二種類のプランがあります。

1. 個人ライトプラン:3,040円/月

2. 個人スタンダードプラン:8,130円/月

個人ライトプランと個人スタンダードプランのどちらであっても、Pythonにおける学習内容の差異はありません。

●PyQに投稿された過去質問の閲覧

●プロによる質問への回答

この2つのPython学習サポートを受けたい場合は、個人スタンダードプランを申し込む必要があります。

ただ、自身でどんどん学習を進めていけるのであれば学習内容は変わらないので、個人ライトプランをおすすめします。

実際にPythonに関する技術書を確認すると、技術単位に応じて出版されていることが一般的です。

スクレイピングであればスクレイピングのみの学習書籍、機械学習であれば機械学習のみの学習書籍のように単体の学習しかできないのがほとんどです。

そのため技術書と同じ金額で、網羅的にPythonの学習コンテンツを取り揃えているPyQは、間違いなく割安だと思います。

PyQが初心者に選ばれる主な理由

Pythonオンライン学習サイトPyQが初心者に選ばれる主な理由は以下のものだと思います。

●『次に学ぶべき学習内容』の順序が明確になっていること

●『実務レベル』のPythonスキルを習得できること

●技術書1冊分の価格で全コース受け放題

これらが主な理由として挙げられると思います。

プログラミング初心者からすれば、学ぶべき内容が右も左も分からない状態からスタートするため、短期集中できるよう項目が整えられているのは魅力的です。

また、ゴールが実務レベルに設定されているため、より実践的なプログラミング学習に取り組むことができます。

月額プランの価格も魅力的な一つです。

技術書1冊を3,000円で購入し、取り組んだとしても得られるスキルは限定的であり、学習したいスキル内容に応じて技術書を購入し続けなければなりません。

その点、30日間であれば技術書1冊分の価格で、Pythonにおける様々なスキルをコース別に取り組むことができ、実務レベルまで昇華させることができるので、書籍1冊分の価値以上を受け取ることができるはずです!

オンラインPython学習サービス「PyQ™(パイキュー)」
※技術書1冊分の価格から始めて実務レベルのPythonが習得できます

 

まとめ:PyQは挫折しないためのPython学習におすすめ

PyQを受講した方々の満足度は、94%で高い評価を受けているようです。

PyQを運営している株式会社ビープラウドは、2008年からPythonを開発用プログラミング言語として採用し、ノウハウを蓄積してPyQのサービス開発に取り組んでいます。

そのため、より実践的・実務的なPythonを学習できる豊富なコンテンツが導入されています。

プログラミング初心者からすでに学習し始めた人まで、誰もが難しいと感じる中身が見えないコンピュータの中をどう動かし理解するか、脳内にあるプログラムの設計図をコードにどう落とし込むのか、日々取り組めるよう学習内容も整えられています。

プログラミングは実際に書いて動かさない限り、学びになりません。

書籍を手にとって読むだけではプログラムは作れませんし、動画を見ているだけでもやはりプログラムは作れません。

プログラミングの最も大切な『書いて学ぶ』を実務レベルまで実現したのがオンライン学習サービスPyQになります。

また、各コースでプログラムが出来上がる喜びも味わえるので、モチベーションを維持しながら学習することができます。

プログラミング学習をこれから始めたい人、すでに始めているけど実務レベルまでの壁を感じている人、一度挫折してしまった人、継続できるプログラミング学習の環境としてオンライン学習サービスPyQを始めることをおすすめします!

オンラインPython学習サービス「PyQ™(パイキュー)」
※技術書1冊分の価格から始めて実務レベルのPythonが習得できます

 



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。