副業目的でプログラミングを始めても失敗して稼げない理由





現在では、ブログとプログラミングのどちらかに取り組んだことがある人がほとんどなのかなと思います。

ブロガーによるビジネス系YouTuberやプログラミングに関して情報発信している現役エンジニアなど、ブログやプログラミングを通して副業をどのように行うか常に発信され、動画を一度は見たことあると思います。

実は、プログラミングに限って言えば、副業目的として取り組んでしまうと失敗します。

別の言い方をするのであれば、副業目的によるプログラミング学習は伸び悩むことが多くなります。

本記事では、なぜ副業目的によるプログラミング学習は失敗してしまうのか・伸び悩んでしまうのかについて解説していきたいと思います。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

どんな目的であれプログラミングを学ぶことは素晴らしい

何事においても言えることですが、例えどんな目的であってもプログラミングを学ぶことそれ自体はとても素晴らしいことだと思います。

ですが冒頭でも記載した通り、残念ながら稼げない、あるいはプログラミング学習において伸び悩んでしまうことが圧倒的に多いです。

これは、プログラミングにおける案件を発注する立場で考えるとよく理解することができます。

また、この考え方を理解していないといつまでたっても副業におけるプログラミングの活用は難しいです。

それは、副業として片手間で取り組もうとしても案件自体は、エンジニアが本業で行なっているものとなんら変わりがないということです。

つまり、副業であったとしても本業と同じ、あるいはそれ以上に努力しなければ稼ぐことなど到底できません。

本業の傍らでお小遣い稼ぎ程度でいいから副業目的でプログラミングを始めたとしても、そもそもあなたのライバルはプログラマー・エンジニアという本業をやりながら副業でも本職の技術を活かしている人たちです。

もちろん、最終的には副業目的で稼ぐことを目標としても良いですが、初期の段階から稼ぐことを意識してプログラミング学習したとしてもモチベーションは間違いなく続きません。

それほど、プログラミング言語習得とビジネス思考は、並行して学習して養っていくためにそれなりのまとまった時間を確保しなければ身につかないからです。

ただ、前述した通り副業目的であれなんであれ、取り組むきっかけとして考え動き出すこと自体は間違いなく素晴らしいことだと声を大にして言わせてください。

本業を切り替える気持ちでプログラミング学習を行うこと

結論から言うと、プログラミング業務をメインとした仕事をしていない人だった場合、プログラミング業務を本業に切り替える気持ちでプログラミング学習に取り組む必要があります。

もっと端的に言えば、エンジニア転職(未経験OKの企業で良い)を可能とするレベルでプログラミング学習に取り組みましょう。

なぜなら、副業としてエンジニア活動したとしても、案件を獲得することは基本的に難しいからです。

例えば、以下のような人物を想像してみてください。

・エンジニアの会社員であるAさん

・フリーランスエンジニアであるBさん

・副業目的だけの自称エンジニアであるCさん

こういった人物の方々を想定したとします。

ここで、一般的に仕事を受注するための活動としてクラウドソーシングによる依頼内容を考えていきます。

<クライアントの依頼内容>

・簡易的Webサービスの開発案件 – 予算30〜50万,納期期限半年

このような依頼内容があったと仮定します。

その際にクライアント側が考えるのは、作業の進捗と迅速な対応が可能かどうか判断するための日程です。

そもそもAさんであれば、会社単位で請け負うため、本職での実務経験や業務効率化なども考えた上でガントチャートや日程調整は業務内で想定し、時間を生み出すことが予想されます。

また、フリーランスであるBさんは、掛け持ちしている案件があったとしても、クラウドソーシングで案件獲得することがメインでもあるため、こちらも日程調整を鑑みて取り組むことでしょう。

では、実績もなく日程調整したとしても、隙間時間で取り組もうとしているCさんであればどうでしょうか?

結論から言うと、まず間違いなくクライアント側はCさんに発注しません。

これは当然の結果で、Aさんは会社アカウントで請け負うため実績も評価も高いですし、Bさんはフリーランスに働き方を変えただけあって実力もあります。

つまり、たとえ副業といえど本業クラスの人たちと対等に案件を取り合うために、実力をつける、あるいは狙ったジャンルに特化するためにポートフォリオを作成するなどしてアピールポイントを実務レベルで1つ以上持たなければなりません。

プログラミング案件を獲得できない理由

すでにプログラミングの言語学習を終えて、自分自身で考えながらサービスを手がけたあるいはアプリケーション開発をした経験があったとしても、現時点で副業で仕事が取れない人はプログラミングとビジネスを分けて考えれていない場合があります。

発注者側に立ってみるとよくわかりますが、もしも副業目的でプログラミングを学んでいるとする人がいるならば、仕事をお願いしようという明確な理由が存在しません。

つまり、エンジニアとしての信頼性が低いということになります。

では、どのようにしてエンジニアとしてポートフォリオを作成し、信頼性を高めていくかについて解説していきます。

手がけたサービス・アプリ・ツールでユーザーを獲得したことがあるか

非常に酷な内容に思えてしまうかもしれませんが、本業であろうと副業であろうと必ず誰かが手がけたサービス・アプリ・ツールのいずれかを利用するユーザーが1人以上存在するということです。

あなた自身で作成・開発したプログラムによってユーザーを獲得した経験があるかないかによって、仕事を発注する側の選定基準に達することになります。

プログラミング未経験・初心者の人にとってプログラミング学習し、副業でそのクライアントつまりはユーザーを獲得しようと考えているのであれば、かなり難しくなることを念頭におかなければなりません。

今後、あなたが副業であったとしてもエンジニアとして活躍したいのであれば、この信頼性を勝ち取るためのユーザー獲得経験を前提にプログラミング学習しなければなりません。

そして、これは単純にプログラミング学習をすることで獲得できることではないということも理解できたかと思います。

手がけた何かでユーザーを獲得するためにはビジネス思考も必要となり、その中でユーザー満足度をいかに高めるためにPDCAサイクルを回してきたかなども重要になります。

こういったプログラミング学習と成果物におけるユーザー獲得・改善を経験した内容でポートフォリオを作成すると、非常に効果的なものとして認識してもらうことができます。

もちろん、案件内容によっては特化したジャンルを構築しておかなければならないため、全てがうまくいくわけではないですが、少なくとも上記に記載したような経験を1ジャンルでもポートフォリオにできれば、見違えるように案件が獲得できるはずです。

ただ、そもそもプログラミング未経験・初心者の人がクラウドソーシングなどで案件を獲得できないのであれば、どのように最初の実績を作れば良いか悩む人もいるかもしれません。

発信する行動はユーザー獲得の最も重要な方法

TwitterやyoutubeといったSNSによる情報を確認していると、基本的には会社員としてエンジニア勤めしていた人がフリーランスエンジニアになったり、独立・起業する人がほとんどです。

独学で副業のためにエンジニアになっている人はいるのかもしれませんが、現時点で筆者は見たことがありません。

また、筆者も例外ではなく独自アプリケーションを自社開発していた企業でエンジニアとして働いていた経験があります。

そして、筆者も会社員時代では副業をこなしていましたが、一歩会社から出てしまえば実績も何もないエンジニアでした。

会社の中ではデータ分析におけるAI開発や、Swift言語やReact(JavaScriptのライブラリの一種)を駆使して開発していましたが、個人では何もしていませんでした。

そのため、筆者の場合は2016年あたりからAIによる時代の波もあり、プログラミング言語Pythonに目を付け、本ブログを立ち上げ情報発信とともに、Pythonを利用したツール作成時のコードなどを貼り付けて投稿し始めていました。

それと同時にTwitterもエンジニアアカウントとして構築し、記事投稿ツイートやフォロー自動化ツールやいいね!自動化ツールの検証も兼ねて実施し、フォロワーをかき集めていました。

この執筆時点の2020年6月14日で、おかげさまでツイッターのフォロワーも7000人を超えるほどになり、過去にフォロワーの中でツールを購入したいといってくださった人もいます。

また、ツイッターによる情報発信とブログによる記事の発信によって、DMと問い合わせフォームから連絡があり、ツール検証を兼ねてユーザーを獲得し、今ではメルマガにて自身の教材販売なども手がけるようになりました。

ツールやアプリケーション利用の感触が良かったユーザーは、そのままプログラムの修正と改善を行い、特定ユーザーの要望に合わせたカスタマイズを提供して収益を獲得していました。

このように、自分自身の発想によって作り出されたツールであったり、たとえオリジナルではなかったとしても機能追加した既存アプリのバージョンアップ版を作成しておき、情報発信を行うことでユーザーを獲得する経験と収益を獲得する経験を手に入れることができます。

最初から金銭的なことを考えるのではなく、検証として利用してもらうだけでもユーザー獲得することができるので、それだけで価値ある体験になります。

また、ユーザーの満足度を高めて、機能追加した有料版などを作成し継続的なユーザーになってもらうことができれば、間違いなく価値の高いエンジニアであると言えると思います。

ただ漫然とプログラミングを学習するだけではいけません。

ただなんとなくSNS等の情報発信をしてビジネスとユーザー獲得のチャンスを逃してはいけません。

それほどまでにプログラミング学習と情報発信という行動は、密に関連しているということです。

これに延長として素晴らしい体験をすることができれば、質の高いポートフォリオとなり、スムーズにクラウドソーシングなどで提案メールを送信することができ、晴れて案件獲得に繋がると思います。

プログラミング学習でスキルアップに伸び悩んでる人について

さらに深掘りして、そもそも情報発信するほどのネタもなければアイディアもないという人であったり、ツール・アプリ開発までに至る前のスキル習得で伸び悩んでる人にお伝えしておきたいことがあります。

きっと副業を目的としている人の場合、あるいは本業の傍らで隙間時間を利用してプログラミングスキルを習得しようとしている人の場合は是非寝る時間を削りましょう。

もっと言えば、徹夜してでも勉強しましょう。

プログラミング学習において、まとまった時間が1日に2〜3時間以上取れていない人は、プログラミング言語における概念理解や思考時間を考慮したプログラム設計、プログラムの実装期間などに全く手をつける暇がありません。

せめて土日は8時間ずつ捧げる気持ちを持った方がいいと思います。

うまく日程を組みながら学習計画を進められる人は良いと思いますが、ほぼ9割近くの人は挫折します。

自分の約束を破ることが一番多いのは、自分自身です。

そのため、どれだけ個人的計画に基づいて行動しようとしても、そもそも本業ではない完全プライベートな内容だと絶対にするべきかどうかという作業項目の順位として、どうしても上位になることはありません。

であるなら、もう睡眠を削ってでもやるべきです。

むしろ、その覚悟がない場合は諦めましょう。

どれだけ素晴らしいノウハウやコツが理解できても、行動に移すことができない人であれば、どこかで躓いてしまいます。

それほど、プログラミングも甘い世界ではないということです。

筆者の場合は、大学時代は工学部に所属しており、ソフトウェアに関する学科だったため、1週間に三回はプログラミングに関するレポート(コード記述)を提出していました。

正直、慣れるまでは嗚咽しながら寝る間も惜しんでやってました笑

また、大学でそれだけ取り組んでも、実社会に出ればもっと辛い経験でした。

会社員時代では、毎日何万コードを目で追いながら、記述と検証の繰り返しでした笑

2ヶ月もすれば、いつの間にか無意識でコーディングしていましたが、それまでは会社の業務時間と生きる上での最低限の時間(睡眠・食事・風呂・その他準備)以外は、全て学習に当てていました。

なぜなら、大学ではC言語がメインだったので、いきなり会社で開発の思考と技術を身につけながらJavaScriptとReactの理解をしなければならなかったので、死ぬ気で勉強してました。

土日はまず間違いなく8時間以上は技術書の読破とコード記述に集中していました。

エンジニアという職種は、ある意味で一生勉強なんだなと実感した時でもありましたね。

大学ってなんだったの?って素直に思ってました笑

 

兎にも角にも、筆者の例はセンスのない人間が時間投下という力技でなんとかエンジニアとして生き延びてきた話なので、もう少し効率的な方法を今なら考えると思います。

それでも一番目に見えてわかりやすい結果を導く方法は、プログラミング学習に対しての大量の時間投下です。

むしろ、1日1時間程度のまとまった時間を毎日繰り返せたとしても、全く効果を感じないように思えます。

せめて、1日2〜3時間以上、あるいは土日は8時間以上の時間投下が必須だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまでで、副業目的でプログラミングを始めても稼ぐことができない理由について解説してきました。

改めて、こちらにまとめてみます。

・副業といえど本業並みに取り組む必要がある

・無料提供でいいからユーザーを獲得するプログラムを手がけること

・情報発信はポートフォリオ作成の最大の武器

・スキルアップで悩んだら時間を生み出せ

これらを念頭に置いて、プログラミング学習に取り組んでいただけたらと思います。

本記事があなたの学習のヒントになれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。