【エンジニア転職】転職においてポートフォリオって必要?





エンジニア未経験の人が転職する際にポートフォリオを作成するのが一般的になってきていると思います。

筆者は具体的なポートフォリオを作成した経験は実はないのですが、実際にポートフォリオは作成するべきなのか、必要になるのかを中心に解説していきたいと思います。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

ポートフォリオは作成するべきなのか?

結論から言うと、ポートフォリオは作成するべきだが、ただのコピーアプリやコピーサイトを作成するのであればいらないということです。

よくあるのが、Webサイト上でA、B、Cなどのアプリやサービスを綺麗にまとめているポーオフォリオがありますが、ぶっちゃけそういったポートフォリオは大事なことではないかなと思います。

見せることが重要ではなく、作成した成果物をいかに理解しているかに着目するのがエンジニアの面接だと感じます。

ただ、目に見えて成果物が分かるというのも非常にわかりやすいアピール方法であることは事実なので、結果的にポートフォリオがあるというのは見る側にとってもありがたいものになります。

そして、現状としてエンジニア未経験の人であれば、アピールする材料は限られてくるはずです。

そのため、一つでも多くポートフォリオの内容が充実していることは大切です。

ないよりはあった方がいいということですね。

ポートフォリオ作成は過程が大事

エンジニア未経験の人であれば、ポートフォリオは成果物の方が重要じゃないの?と感じるかもしれません。

もちろん、途中で作成を放棄してポートフォリオとしての成果物が存在しないというのは避けた方がいいです。

しかし、ポートフォリオの成果物を作成する中で、得られた知見や技術を重要視した方がいいということです。

それがたとえ、簡単なToDoアプリでもWebサイトでも、あなたが自分なりに考えて追加した機能であったり、試行錯誤の結果導かれたデザインであったりと、取り組みの中で思考した内容やそれらの手順がエンジニアにとって価値があると思います。

未経験の人であれば仕方のないことではありますが、コピーアプリやコピーサイトを作ることから始める人が多いです。

それに関してはプログラミング学習の一部なので悪いことではありません。

ただ、それらの学習の中で何を得たか、何を追加できたか、さらなる思考と作業に取り組めたかが大切です。

・成果物の設計における問題の発見

・問題解決のための情報収集・技術的解決法の模索

・実装段階での技術内容

・ユーザーの利用の有無(あれば好ましい)

・PDCA後の改善策

コピーによってプログラミングを学び続けてしまうと、上記のような項目を考えるタイミングがなくなってしまいます。

未経験から全てをオリジナルで考えろなんて酷なことは言いたいわけではなくて、少しでもエンジニアとして自分なりに試行錯誤した内容が求められるということです。

このような項目を少しでも経験できると、技術的観点だけでなく、サービス設計に関する内容なども考えられるようになり、業務の幅を持つことができるエンジニアに成長しやすいです。

まとめ

エンジニア未経験であれば、転職時などの面接で技術的会話に差が生まれるのは仕方がないことです。

当然、知らないことを知っているように話すこともできないですし、深い部分を突かれてしまえばボロが出ます。

それより、技術を学ぶ中でどのような思考を養ってきたのかを必ず見られるはずです。

どのようにしてポートフォリオの成果物に着想を得たのか、なぜ作ろうとしたのか、どんな思いがあったのかなど、技術以前の思考も考慮して取り組んでみるのが大切です。

ぜひコピペだけでは得ることができない確実なプログラミング思考を獲得していただければと思います。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。