【在宅】プログラミング未経験の主婦・ママでもエンジニアで稼ぐ方法





子育て中の主婦やママであっても、扶養から外れて稼ぐ力が求められています。

しかし、多くの専門職では特別な資格などが必要で、学習対象の選択で迷います。

  • 子育て中の主婦でもプログラミングを学べるか不安な人
  • アルバイト・パート以外でも収入源を獲得したい人
  • プログラミング未経験の主婦でも稼ぐ手段を模索する人

これらの悩みを解決しながら、主婦がプログラミングを選択するべき理由を解説します。

記事を読み終えると、主婦がエンジニアを目指すメリットや稼げる職種・仕事の獲得方法まで理解できます。

結論は、主婦がエンジニアを目指すために正しい学習や取り組み方を理解すれば稼ぐことができます。

また、筆者自身クラウドソーシングサイトであるランサーズにてコンスタントに毎月10万円を稼ぎ、プログラミング業務にて2021年6月に最高報酬額である30万円を突破しました。

年間報酬額も100万円突破するなど、実務的なプログラミングの活用方法や具体的な稼ぎ方について、一定の記事信頼を担保できると思います。

プログラミングは習得することで、本業/副業に十分活かせる武器になると先にお伝えしておきます。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

主婦がプログラミング未経験でも学べる理由

子育て中の主婦でもプログラミング未経験でスキルを習得することができます。

主婦がプログラミング未経験でも学べる理由は、以下の3つです。

  • 特別な資格は必要ない
  • エンジニアの需要増加
  • プログラミングの学習方法が豊富

まず、プログラミングを学ぶ上で「なぜ取り組む必要と意味があるのか?」を理解することです。

特別な資格は必要ない

多くの専門職は、特別な資格を必要とします。

一方でエンジニアという専門職は、特別な資格が必要なくスキルや経験を最優先する職種です。

プログラミング未経験の主婦であっても、学習の中で完成させたポートフォリオが充実すればスキルと経験の証明ができます。

事実、多くの子育て中の主婦がプログラミング未経験から仕事を獲得しています。

エンジニアの需要増加

経済産業省の「IT人材需要に関する調査と予測」によると、2030年までに少なく見積もっても約41万人、高く見積もると約79万人ものIT人材が不足すると予測しています。

IT業界にとっては人材不足の事態に陥り深刻化が加速しますが、エンジニアにとっては需要が高まるばかりです。

これは、大多数のビジネスパーソンにエンジニアスキルがないこと、IT知識/実務経験なしといった状態が原因で、ITに関する専門職であるエンジニアに需要が集まっていることに他なりません。

主婦であっても、プログラミング学習が需要を勝ち取れる理由になります。

プログラミングの学習方法が豊富

すでに情報収集を始めている人であれば、様々なプログラミング学習教材を認知しています。

主婦の場合、「予算が少ない」「学習時間の確保が難しい」などの悩みがあると思いますが、これらの悩みを解消しながら低予算かつ隙間時間で学べる環境が整っています。

ただし、簡易的な情報収集だけで得た知識をもとに、闇雲にプログラミング学習するのはおすすめできません。

在宅などの限られた条件の中で、正しい学習環境の準備と時間の有効活用が重要です。

主婦がエンジニアを目指すメリット

これからプログラミング未経験の主婦がエンジニアを目指すのは十分可能です。

プログラミング未経験の主婦がエンジニアを目指すメリットは、以下の3つです。

  • 空き時間で在宅ワークできる
  • アルバイト・パートより時給が高い
  • 専門職だから再就職や収入アップにつながる

これらが子育て中の主婦であっても、取り組むべきメリットであり、達成できるメリットです。

『スキルアップ=時間の有効活用と収入アップ』につながると理解しておきましょう。

空き時間で在宅ワークできる

プログラミングスキルは、空き時間の在宅ワークで取り組めるのがメリットです。

アルバイトやパートのように、シフト調整の煩わしさが発生しません。

特に、クラウドソーシングサイトを活用するのがおすすめです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ(特におすすめ)

プログラミング未経験からIT業界に参入し、多くの人が収益を獲得しています。

筆者もエンジニア業の傍らで、ランサーズを副業として取り組んだ結果、上位20%の『認定ランサー』となり、月10万円を達成することができました。

ただし、副業戦略をしっかり計画できていない人は注意が必要です。

プログラミング言語学習から副業まで取り組みたい人は、「【副業】プログラミング言語学習から稼げる案件を認定ランサーが伝授!」で詳しく解説します。

【副業】プログラミング言語学習から稼げる案件を認定ランサーが伝授!

2021.02.18

アルバイト・パートより時給が高い

エンジニアは、他の職種と比較して時給が高いです。

主婦特化求人サイトである「しゅふJOBパート」調べによると、職種別平均時給は以下の通りです。

一般的なアルバイト・パートである「フード・飲食」は平均時給972円、「小売・販売」は平均時給970円です。(2020/05時点)

一方で、求人ボックスの「給料ナビ」調べによるとWeb系エンジニア・プログラマーの場合、平均時給が以下になります。

このように、平均時給が1199円です。(2020/02/03時点)

時給だけでなく、「在宅ワークできること」「時給はスキルで変化できること」「家事や育児を考慮できること」、これらを念頭に置いてもメリットに十分なります。

専門職だから再就職や収入アップにつながる

コロナの影響もあり、多くのエンジニアがフルリモート業務に移行しています。

専門職かつネット環境で働けるエンジニアは、再就職・転職・収入アップにつなげやすいです。

エンジニア・プログラマーはスキルと実績に依存した職種です。

育児中であれば副業による在宅ワークを選択し、子供から手が離れ始めた時にスキルと実績をもとに派遣社員・正社員を選択できます。

育児に合わせた専門職となり、スキルと実績が蓄積すれば副業・本業ともに収入も上がります。

主婦がプログラミングで稼げる職種

主婦がプログラミング未経験で稼げる・始められる職種は、以下の2つです。

  • Webデザイナー
  • フロントエンドエンジニア

この2つから始めるのをおすすめします。

Webデザイナー・フロントエンドエンジニアともに、様々なエンジニアスキルの中で直感的に理解しやすいものが多いからです。

Webデザイナー

実際に筆者がコロナの影響から完全フルリモート業務に移行した時、個人で利用できるシンプルなビデオアプリケーションが欲しかったため、Webデザインしたものです。

特に、Webデザイナーとして利用頻度・理解の深さが求められるスキルセットは、以下のものです。

  • Adobe XD(Webデザインに利用するソフト)
  • HTML/CSS(ブラウザ上の画面レイアウト)

最低限でも、この2つを理解しておくことが重要です。

アプリを可視化するためのHTML/CSSは必須です。

フロントエンドエンジニア

実際に、アプリケーションの画面における機能を実装し、Webブラウザ上で動作するプログラムを作成するのがフロントエンドエンジニアです。

サーバー上へのアプリ構築や裏側のデータ処理など複雑な機能あるいは画面にデータ表示する流れを組むのは、大規模なアプリ開発ではバックエンドエンジニア/インフラエンジニアの担当範囲・領域なのが一般的です。

画像のように、小規模で簡易的なアプリケーションであれば、1人のフロントエンドエンジニアで全て実装するのが主流になってきました。

主婦が学ぶべきプログラミング言語

筆者がおすすめしたい職種がWebデザイナーあるいはフロントエンドエンジニアです。

そのため、2つの職種で最も利用されるマークアップ言語・プログラミング言語を主婦の方におすすめします。

  • HTML/CSS(マークアップ言語)
  • JavaScript(プログラミング言語)
  • WordPress(CMS)

正しくは、それぞれの言語や開発ツールは種類・分野が大別されます。(世の中の大半のネット情報は定義を間違って伝えてる)

これから取り組む際は、正しい情報の把握・理解に努めましょう。

HTML/CSS

こちらは、Webブラウザ上で画面を表示するために利用されるマークアップ言語となります。

直感的な実装で画面設計できるので、プログラミング未経験の主婦の方でも取り組めます。

まだHTML/CSSに触れたことがない人は、こちらの無料オンライン学習サイトがおすすめです。

  • Progate
  • ドットインストール

無料で取り組めること、直感的で理解しやすい学習内容になっています。

HTML/CSSを理解することで、画面レイアウト設計、ボタン配置・アニメーション追加、ページ遷移方法などを習得できます。

JavaScript

こちらは、アプリケーション全体の機能や取り決めを行うプログラミング言語となります。

特に、画面レイアウト設計後の各種ボタン機能や別アプリケーション/サーバーとの連携、データ管理(データベース連携)など、アプリケーション根幹の構築に利用します。

フロントエンドエンジニアを目指す際は、合わせて以下の内容も習得すると良いです。

  • サーバー知識(アプリ/サイトを構築する場所)
  • データベース知識(アプリ/サイトデータを管理)
  • フレームワーク知識(実装までを簡易化・効率化)

プログラミング言語を習得する際は、これらの総合的な知識も備えておく必要があります。

じっくりと時間をかけて学習すれば間違いなく理解できるので、今は頭の片隅に置くだけで問題ないです。

WordPress

WordPressは、国内外で最も利用されるサイト制作の代表的なCMSです。

特に、Webデザイナーを目指したい人であれば、WordPressの画面レイアウト設計が一般的な仕事になります。

WordPressはHTML/CSS/PHPで構成されており、画面に関するHTML/CSSについて理解しておくとWebデザインの仕事で活躍します。

Webデザインツールで以下をおすすめします。

  • Adobe XD

筆者は、このデザインツール一択です。(無料で利用できます。)

ページ遷移のアクションなども擬似的に作成できるので、Webデザインの段階でかなり完成度の高いものが作れます。

主婦がプログラミング未経験で仕事を獲得する方法

プログラミングスキルを利用してクラウドソーシングを活用するのがおすすめです。

上記でも記載した2つのクラウドソーシングサイトへの登録をおすすめします。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ(特におすすめ)

Webデザイン・サイト制作ともに、上記2つのクラウドソーシングが最も案件数が多いです。(登録してるクライアント数が圧倒的なため)

プログラミング未経験の主婦が仕事を獲得するまでに取るアクションプランは、以下の流れです。

  1. プログラミング言語の基礎学習
  2. 模写コーディングで0からWebサイト構築を経験
  3. Webサイト実績からクラウドソーシングで案件受注
  4. 案件受注を繰り返して収入アップを目指す

特に2番の項目はポートフォリオの数があなたのテンプレート数に比例するため、多いほど案件受注につながります。

しかし、多くのプログラミング初心者がつまずくのが2〜3番の項目です。

子育て中の主婦がプログラミングを挫折しないために

挫折する理由は、以下の2つです。

  • 目的に沿った的確な助言をするアドバイザーがいない
  • 次に何を学べばいいかわからない

これらの理由から、多くのプログラミング未経験の人が挫折します。

そのため、『在宅』『スキマ時間』を有効活用する方法としてオンラインプログラミングスクールを利用するのが一般的です。

稼ぐための選択でプログラミングを諦めるのは、非常にもったいないです。

『在宅』『スキマ時間』を活用したい人で手に職をつけるなら、オンラインプログラミングスクールを検討しましょう。

子育て中の主婦も安心で学べるプログラミングスクール

子育て中の主婦・ママであっても検討できるオンラインプログラミングスクールは、以下の条件だと思います。

  • プログラミング未経験でも0から学べる
  • 完全在宅で始められる
  • できるだけ低価格で受講できる
  • いつでもわからないことを徹底的に質問できる
  • 仕事を取るまでの具体的なサポートがある

これらの条件を満たすオンラインプログラミングスクールは、以下の2つです。

  • CodeCamp
  • TechAcademy

この2つがオンラインプログラミングスクールを選ぶ上でおすすめになります。

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCampは、オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとしてNo.1の実績を持つサービスです。(受講者2万人以上)

講師は全て現役のエンジニアで構成されており、未経験から確実に習得するためにWebデザイン、Webサービス開発、アプリ開発などを幅広く学習できます。

『受講者の声』で記載されていたプログラミング未経験の主婦の方が2ヶ月でWebサイトを制作した内容など、主婦の方がスクールに通われて副業で稼いでる実績があります。

 <メリット>

  • プロ講師によるビデオ通話のマンツーマン指導を受けられる
  • 学習中にわからない場合も、わかるまで丁寧に答えてくれる
  • レッスンは365日/7:00〜24:00までサポート対応

 <デメリット>

  • 自分のペースで教材を進めたい人には向かない

 <こんな人におすすめ>

  • マンツーマン指導で確実かつ丁寧に教えてもらいたい人
  • 低価格でプログラミング学習したい人
  • 家事や育児のスキマ時間を有効活用したい人

これらがCodeCampのメリット・デメリット、おすすめの理由になります。

取り組みやすく習得しやすいコースとして、以下の2つが最適です。

 <Webサイト制作に特化したい人>

  • WordPressコース

 <Web全般を網羅的に学習したい人>

  • デザインマスターコース

Webサイト制作に特化する人はWordPressコース、Webデザインからサイト構築まで網羅的な学習に取り組みたい人はデザインマスターコースがおすすめです。

CodeCampの料金体系は別のプログラミングスクールに比べ、かなり安いです。(一般的に30万円以上が多い)

 <2ヶ月受講の場合>

  • 受講料金 – 148,000円(税抜)
  • 入学金 – 30,000円(税抜)

いきなり始める前に、無料相談・無料体験から取り組むことを強くおすすめします。

無料体験レッスンから始めて受講すると、10,000円割引になります。

Code Camp – 現役エンジニアによるオンラインのプログラミング個別指導
※無料体験レッスンから受講すると受講料が1万円割引

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademyは、最短4週間でプログラミング未経験から学べるオンライン完結のプログラミングスクールです。

こちらも自宅からプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

 <メリット>

  • 自宅からオンライン完結で学習できる
  • 受講生に専属メンターがサポート
  • 365日/15:00〜23:00まで質問をチャット対応

 <デメリット>

  • 自分のペースで教材を進めてわからない箇所を質問するスタイルのため、決められた時間に指導を受けたい人には向かない

 <こんな人におすすめ>

  • 自分のペースで教材を進めてガンガン学び、わからない箇所をチャット対応で終わらせたい人
  • 低価格帯で取り組みたい人
  • 家事や育児のスキマ時間を有効活用したい人

こちらは、教材における学習速度を高めたい人におすすめです。

未経験でも取り組めるおすすめのコースは、以下の2つです。

 <Webサイト制作に特化したい人>

  • WordPressコース

 <Web全般を網羅的に学習したい人>

  • Webデザインコース

特に、WordPressコースはクラウドソーシングサイトで案件受注するために必要なWeb制作スキルが学べます。

TechAcademyの料金体系も別のプログラミングスクールに比べ、安い価格帯です。

 <2ヶ月受講の場合>

  • 受講料金 – 209,000円(学生179,000円)
  • 入学金 – 0円

こちらも、無料相談・無料体験から取り組むことを強くおすすめします。

無料キャリアカウンセリングのページから現役エンジニアに相談できます。

TechAcademy WordPressコース
※Webサイト制作に特化して稼ぎたい人向け

TechAcademy Webデザインコース
※Webサイト制作とWebデザインも学習したい人向け

TechAcademy 無料体験
※学習環境やレベル感を知りたい人は無料体験から

無料キャリアカウンセリング
※不安がある人は無料キャリアカウンセリングから

まとめ

プログラミング学習を通してポートフォリオを作成することが重要です。

実際に、プログラミングスクールを活用してWebサイト制作における実績が作れます。

プログラミングスクールには専属メンターがいるので、キャリア相談も同時に行うと良いです。

受講中であっても、成果物ができたタイミングで案件受注できれば5〜10万円を獲得できます。

短期間集中でスクールに通い、Web制作スキルやWeデザインスキルを素早く身につけるのがおすすめです。

案件受注できればスクール費用もすぐに回収できるので、在宅ワークによる『好きな時間』『好きな場所』で理想的な働き方を手に入れましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。