Pythonはなぜ人気なの?平均年収は?これらの理由を解説【初心者向け】





本記事では、Pythonの魅力について解説していきたいと思います。

「Pythonはどうして人気なのか?」

「Pythonにおけるエンジニアの平均年収は?」

などなど、Pythonの魅力とその人気について様々な観点から解説できればと思います。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

Pythonのよくある質問TOP3

・そもそもPythonとは何か?

・Pythonを使って何ができるのか?

・Pythonはなぜこれほど人気があるのか?

これらの素朴な疑問から解消していければと思います。

そもそもPythonとは何か?

ここでは、言語としてのPythonではなく、Pythonがどのように世界で利用され認識されているかについて解説していきます

プログラミングに興味がある人ならば一度は確認したことがあるかもしれませんが、プログラミングにおける言語ランキングにおいてPythonは常にTOP3に入るような言語として認識されています。

そんなPythonですが、Pythonは数十年前から存在するプログラミング言語の一つで歴史が古い言語です。

そして、後述する内容が理由となり、進化と価値ある利用が起因し急速な発展と人気を獲得した言語ということになります。

実際に、ソフトウェアに関するエンジニアだけでなく、あらゆる情報を元に分析・解析を仕事とするデータサイエンティストや、研究機関に所属している物理学者・数学者、企業で働く会社員、筆者のようなブロガー、これからの未来を担う子供達に至るまで様々な属性の人々に利用されています。

つまり、本来エンジニアとして働いている人々以外にも利用されていることで多くの利用機会を言語として獲得している背景があります。

例えば、大量のデータ収集や分析を行うデータサイエンティストであれば、Pythonを利用して物事に活用するイメージがつきやすいかもしれません。

ですが、会社員の人であっても、Pythonを利用してファイルの生成やコピーなど、業務のルーティンワークの効率化にも利用されているため、一般的に利用されるケースもどんどん加速度的に増加しています。

Pythonを使って何ができるのか?

上述した内容にもありましたが、高度な利用用途として機械学習やAIといった業務で活躍してきたことで、世間に広まるきっかけを獲得したのがPythonということになります。

そして、上述通りそれ以外の業務効率化・業務自動化などでも注目され、さらには子供達や学生界隈でも利用しやすさから活用されるケースまで見受けられるようになりました。

そのため、エクセルやパワポといったPDF資料の作成など、あらゆる一般的用途にまで進出してきたことで事務作業にも当たり前に溶け込むようなプログラミング言語になりました。

もう少しエンジニア視点から解説すると、、、

・AI・機械学習

・業務効率化・業務自動化

・データ収集・分析・解析

・Webアプリケーション開発

・モバイルアプリケーション開発

・ソフトウェアテスト

などなど、利用者の目的に沿ってアレンジできる応用の幅も魅力的です。

実際にあなたが身近で利用しているアプリケーションにも活用されている事例がいくつもあります。

・DropBox

・Instagram

・YouTube

など、今では当たり前のように利用され認識されているアプリケーションの一部にもPythonは利用されています。

Pythonはなぜこれほど人気なのか?

では、他言語であってもプログラミングを行うことは可能なのに、なぜPythonがここまで利用されるようになり人気を博したのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

それにはいくつかの理由が述べられます。

・短縮されたコードで記述することができること

・クロスプラットフォームであること

・数学的・実務的なライブラリが豊富であること

・巨大なコミュニティが存在すること

これらがうまく重なり合い、今日までの利用者を生み出していると思います。

詳細な内容は次章で紹介していきます。

Pythonの人気の理由とは?

先ほど記載した理由を改めて解説していきます。

・短縮されたコードで記述することができること

・クロスプラットフォームであること

・数学的・実務的なライブラリが豊富であること

・巨大なコミュニティが存在すること

これらを一つずつ見ていきましょう。

短縮されたコードで記述することができること

これは他言語も利用したことがある人であればすぐにピンとくるかもしれません。

実際にPythonと他言語を比較してみても、Pythonの方がよりシンプルな作りを実現した記述ルールを持っています。

そのため、比較的に誰が扱っても見やすく理解しやすいコードとなるため、コード共有などが圧倒的に行いやすいです。

直感的に記述方法が曖昧になったり、プログラム上で何か不足するような事態を想定してしまう人もいるかもしれませんが、やはり多くの企業もビジネスで利用するほどなので、様々な用途で成立させてきた言語として認識され十分な利用価値があると評価されています。

クロスプラットフォームであること

このクロスプラットフォームは、iOS、Android、Windows、Macなど複数の動作環境で作動するプログラムということです。

基本的にはソフトウェアは動作させる環境を想定し、それらに合わせて開発を行うことになります。

従って、とある環境を想定したソフトウェアは別の環境で利用できない可能性があります。

しかし、現在では動作環境が多様化されているため、特定の動作環境だと利用ユーザーの幅を狭めてしまう原因になってしまいます。

そのため、Pythonでは単一のプログラムだったとしても複数の動作環境で対応することができるクロスプラットフォームとなっています。

数学的・実務的なライブラリが豊富であること

やはりPythonの魅力としてライブラリの豊富な面は外すことができません。

イメージしやすいものとしては、AIや機械学習で利用されていることから数学的ライブラリが豊富です。

すでにモジュール化されているプログラムを利用することで簡単に複雑な計算や処理を実現することができます。

また、実務的なライブラリも豊富で、データサイエンティストや研究者じゃない立場の人間だとしても、利用できるライブラリが存在します。

例えば、スクレイピング作業を実務とする会社員やエクセル入力・作成などを業務とする会社員も、それぞれに適したライブラリがPythonには内包されているため、利用しやすさを実現しています。

巨大なコミュニティが存在すること

上述でも一度記載していますが、Pythonはプログラミング言語の中でも比較的に古い言語の一つとして存在しています。

そのため、Pythonを利用しているエンジニアのコミュニティがいくつも存在しています。

また、Pythonに関しての情報も他言語に比べて非常に多く存在しています。

これは、やはり20年以上も前から存在する言語だからこそ、すでに誰かが実施済み・検証済みの内容が多く、解決策が検索すれば得られるほど情報量の豊富さが魅力の一つとして捉えることができます。

これらの理由から年々Pythonの需要が高まっていることが分かります。

ビジネスにおけるPythonとは?

最後にビジネスにおけるPythonの位置づけをお話しようと思います。

筆者も含めてこれからPythonを利用したいと考える人は、Pythonの需要に対してどれだけのお金が関わってくるのか気になるところです。

実際にGoogleでPythonの平均年収などを調べてみると様々な情報が収集できますが、ここではスタンバイ調べの内容を記載しておきます。

・2016年 – 651万円

・2017年 – 601万円

・2018年 – 575万円

このような平均年収となっていました。

実際に比較されていた他言語よりも順位は高く、3年間で平均年収は少し減ってはいますが全体からすると常にトップ3に君臨していました。

やはり、プログラミング言語にも流行はつきもので、近年利用され始めたGo言語などに抜かれるものの安定した位置を常に獲得しています。

Pythonを社内の主要言語として開発に取り組んでいる企業は数多く存在しています。

まとめ

ここまででPythonに関するよくある質問TOP3、Pythonが人気の理由、ビジネスにおけるPythonについて解説してきました。

本ブログも2017年からスタートとしてPythonに関する記事を数多く執筆してきていますが、AIや機械学習をきっかけにここまで一般的に認知されるほどの言語になるとは驚きです。

そして、ここまで一般的に認知されたとしても、多くの人に利用されるまで定着するプログラミング言語はとても貴重だということです。

プログラミング言語といえばPython、というほどまでではないにしても、ここまで一般化する言語も珍しいのでこれからプログラミングを学ぼうと考えている人にはオススメの言語であることは間違いないです。

この記事を読んでさらに詳しくPythonを理解したい!、まずは簡単なプログラムをサンプルを見ながら動かしてみたい!という人がいれば、ぜひ他の記事も読んでみてください。

簡単なものから稼ぐことができたプログラムまで記事に落とし込んできたので、何か学習やビジネスの手助けになるかもしれません。

また、実際にPythonをマスターしたいと考えている人は、オススメの学習サービスがあるのでぜひそちらもチェックしてみてください。

プログラミング言語Pythonに特化した学習を進めたい人へ

筆者自身は、Pythonista(Python専門エンジニア)としてプログラミング言語Pythonを利用していますが、これには取り組む理由があります。

プログラミングの世界では、IT業界に深く関わる技術的トレンドがあります。

日夜新しい製品・サービスが開発されていく中で、需要のあるプログラミング言語を扱わなければなりません。

トレンドに合わせた学習がプログラミングにおいても重要となるため、使われることのないプログラミング言語を学習しても意味がありません。

こういった点から、トレンド・年収面・需要・将来性などを含め、プログラミング言語Pythonは学習対象としておすすめとなります。

オンラインPython学習サービス – 『PyQ™(パイキュー)』

「PyQ™」は、プログラミング初心者にも優しく、また実務的なプログラミングを段階的に学べることを目指し、開発されたオンラインPython学習サービスです。

Pythonにおける書籍の監修やPythonプロフェッショナルによるサポートもあり、内容は充実しています。

技術書1冊分(3000円相当)の価格で、1ヶ月まるまるプログラミング言語Pythonを学習することができます。

特に、、、

・プログラミングをはじめて学びたい未経験者

・本、動画、他のオンライン学習システムで学習することに挫折したプログラミング初心者

・エンジニアを目指している方(特にPythonエンジニア)

かなり充実したコンテンツと環境構築不要なため、今すぐにでも学び始めたい・学び直したい、Pythonエンジニアを目指したい人におすすめです。

オンラインPython学習サービス「PyQ™(パイキュー)」
※技術書1冊分の価格から始めて実務レベルのPythonが習得できます

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

2020.03.07



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。