【Python】独学による勉強方法と手順をスキル別で徹底解説!





プログラミング言語Pythonの勉強を始めたいが、何から勉強すればいいか初学者は分かりません。

Pythonの勉強に集中するために、Pythonを学ぶメリットや勉強のロードマップを理解したいはずです。

  • Pythonにおける勉強の始め方がわからない人
  • Pythonを学ぶメリットや活用事例を知りたい人
  • 独学で始めるなら何から取り組むべきか?

これらの悩みを解決しながら、Pythonスキル上達のコツや挫折しない方法を解説します。

記事を読み終えると、Pythonの活用事例・メリット独学による勉強方法が網羅的に理解できます。

結論は、Pythonエンジニアになるための目的・目標を設定し、効率的な勉強方法を実施すべきです。

また、筆者自身クラウドソーシングサイトであるランサーズにてコンスタントに毎月10万円を稼ぎ、プログラミング業務にて2021年6月に最高報酬額である30万円を突破しました。

年間報酬額も100万円突破するなど、実務的なプログラミングの活用方法や具体的な稼ぎ方について、一定の記事信頼を担保できると思います。

プログラミングは習得することで、本業/副業に十分活かせる武器になると先にお伝えしておきます。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

Python活用事例とPythonにできること

プログラミング言語Pythonは、IT/Web業界の中で得意とする分野が存在します。

Pythonが活躍する分野を大別すると、以下の5つになります。

  • Webアプリケーション開発
  • AI・機械学習
  • ビッグデータ分析・解析
  • 画像処理・画像解析
  • ビジネスツールによる自動化・効率化

業界でいえば、SNSであるYouTubeやInstagramといったメディア系AmazonやメルカリといったEC系広告業であるGoogleといったアドテク系など、様々な分野で活躍しています。

業界の技術トレンドを追いかけるだけでも、いかにPythonが利用されているか把握できます。

一個人においても、個人PCでの利用で十分活躍するプログラミング言語である面比較的に学習コストがかからない面が利用増加の理由となります。

各業界のPython活用例やPythonエンジニアに求められるスキルを詳しく知りたい人は「Python活用事例から導くPythonにできること・スキル・学習方法を解説!」で解説します。

Python活用事例から導くPythonにできること・スキル・学習方法を解説!

2019.07.04

Pythonを勉強するメリット

Pythonを勉強するメリットは、以下の3つです。

  • Pythonにおける将来性の高さ
  • Pythonエンジニアの需要増加
  • プログラミング言語としての学びやすさ

これらが勉強するメリットであり、今後に期待できるプログラミング言語である理由です。

ここでは参考となるデータを確認します。

Pythonにおける将来性の高さ

ソフトウェア開発プラットフォームのGitHubレポートによると、数百種類の開発言語の中で2位にPythonが利用されています。

年々開発言語として注目され、使用頻度は高まっているため、プログラミング言語としての将来性の高さが理解できます。

Pythonエンジニアの需要増加

Pythonの将来性の高さが起因して、年々Pythonエンジニアの需要が増加しています。

『PYPL』Google検索エンジンにてプログラミング言語チュートリアルが検索された回数から、対象となるプログラミング言語が話題になっているかをインデックス化したものです。

つまり、Pythonの将来性が高いことから、Pythonを学ぶ必要性(開発で求められるため)が現役エンジニアあるいはプログラミング初学者に引き起こされ、検索需要とPythonエンジニア需要が増加してると推測できます。

プログラミング言語としての学びやすさ

プログラミング言語Pythonは、他言語に比べ学びやすい特徴を持っています。

  • シンプルなコード設計
  • ライブラリの豊富さ
  • 膨大なネット情報による学びやすさ

特に、将来性と需要増加が起因してPythonの情報発信量が圧倒的に増えています。

そのため、プログラミング初心者でも開発レベルの学習まで取り組みやすくなっています。

しかし、独学によるプログラミングの勉強は注意が必要です。

なぜなら、正しい学習計画を立てなければ間違いなくプログラミング学習を挫折してしまうからです。

プログラミングの勉強で挫折したくない人は、「プログラミング学習の挫折率9割の理由と対策」で解説します。

プログラミング学習の挫折率9割の理由と対策

2020.01.03

独学でもPython初心者が作れるもの

Pythonを勉強したばかりで、いきなりアプリケーション開発はおすすめできません。

独学でもPython初心者が作れるものは、以下の5つです。

  • Beautiful SoupによるWebスクレイピング
  • Seleniumによるスクレイピング/クローリング
  • openpyxlによるファイル操作の自動化
  • OpenCVによる画像編集/加工
  • Twitter, YoutubeなどのWeb API連携

Pythonのライブラリを利用して、実務でも活躍するPythonの勉強ができます。

そのため、Pythonの言語学習と並行して簡易的なスクリプトファイルを作成し、Pythonは何ができるか把握・理解に努めましょう。

目的に合わせたPythonの勉強方法を詳しく知りたい人は、「【認定ランサー】Python初心者が作れるものを目的別に学習方法解説!」で解説します。

【認定ランサー】Python初心者が作れるものを目的別に学習方法解説!

2021.02.22

Pythonエンジニアに求められるスキル

Pythonエンジニアに求められるスキルセットは、職種によって異なります。

Pythonエンジニアの主な職種は、以下の3つです。

  • バックエンドエンジニア(サーバーサイド)
  • インフラエンジニア(クラウド)
  • フロントエンドエンジニア

この他にも、ネイティブアプリエンジニアやDevOpsエンジニア、AI/機械学習エンジニアなどが存在します。

そして、Pythonに限らずエンジニアの職種を理解して勉強しないと危険です。

なぜなら、目指したいエンジニア像あるいは達成したい目的・目標を設定しなければ、勉強のロードマップが定まらないからです。

この理由から、指針が定まらず勉強時間を無駄にします。

勉強時間を無駄にしたくない人や目的とするエンジニア設計が足りない人は、「プログラミングを時間の無駄にしない人の特徴とエンジニア人生設計」で詳しく解説します。

プログラミングを時間の無駄にしない人の特徴とエンジニア人生設計

2019.11.23

Pythonの勉強方法と上達するコツ

Pythonに限らず、適切なプログラミングの勉強方法を理解する必要があります。

プログラミングが上達しない人の特徴は、以下の5つです。

  • プログラミング教材を終えることが目的化してる
  • 専門用語ばかりにリソースを注いでる
  • エラーが起きると思考停止する
  • 圧倒的に学習時間が足りない
  • 選択した言語学習で終わってしまう

これらで勉強を妨げない方法を把握することが重要です。

これは、Pythonエンジニアの主な職種にも関係しますが、Pythonの言語学習と並行して周辺知識も蓄えなければ正しい勉強方法とは言えません。

ここでの結論は、学習目標の一つとしてWebフレームワークを利用したToDoアプリケーション開発を加えることです。

理由は、以下の3つです。

  • バックエンドの知識(サーバーやデータベース)
  • フロントエンドの知識(HTML/CSS, サーバー連携)
  • CRUDの理解(Create:作成, Read:読込, Update:更新, Delete:削除)

これらをPythonの言語学習と並行して網羅的に勉強できます。

筆者がPythonとWebフレームワークDjangoで作成したToDoアプリ(タスク管理ツール)です。

職種ごとに必要な周辺知識、ToDoアプリ開発に必要となった学習内容を知りたい人は、「【具体例】プログラミングが上達しない人の特徴と学習のコツ」で詳しく解説します。

【具体例】プログラミングが上達しない人の特徴と学習のコツ

2020.01.02

勉強成果はポートフォリオで決まる

一例としてToDoアプリケーション開発をおすすめしましたが、ポートフォリオがエンジニアのキャリア形成に関与します。

就職・転職あるいは独立を考えた場合、間違いなくポートフォリオで判断されます。

エンジニアのキャリア形成を望む人であれば、質の高いポートフォリオを意識しましょう。

これらの項目は理想的なポートフォリオであり、いきなりここまで理解する必要はありません。

達成したい目的・目標を決めて勉強すれば、自然と達成することになりますので安心してください。

プログラミングの勉強を始めたいが作りたいものがない人は、「プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください」で詳しく解説します。

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

2019.11.21

副業目的でプログラミングを勉強するのは危険

プログラミングの熱が年々高まってきており、副業目的で取り組み始める人がいます。

しかし、副業目的でプログラミングを勉強するのは注意が必要です。

なぜなら、プログラミングの勉強とビジネスの勉強は別物だからです。

もしもあなたがこれからプログラミングを学習して副業を始める場合、以下の4つを理解しておきましょう。

  1. プログラミングの勉強時間
  2. クラウドソーシング等の案件獲得までの営業活動
  3. 依頼受注後の作業時間
  4. 納品後の修正・変更等における事後対応

最低でもこれらを理解しておく必要があります。

副業目的でプログラミング学習を始めたい人は、「【副業】プログラミング言語学習から稼げる案件を認定ランサーが伝授!」で解説します。

【副業】プログラミング言語学習から稼げる案件を認定ランサーが伝授!

2021.02.18

まとめ

Pythonが活躍してる分野は、主に5つです。

  • Webアプリケーション開発
  • AI・機械学習
  • ビッグデータ分析・解析
  • 画像処理・画像解析
  • ビジネスツールによる自動化・効率化

特に、AI/機械学習に関してはさらなる飛躍が期待されています。

Pythonを勉強するメリットは3つです。

  • Pythonにおける将来性の高さ
  • Pythonエンジニアの需要増加
  • プログラミング言語としての学びやすさ

Pythonは、将来性・需要増加・学びやすさの3つであることを把握・理解しておきましょう。

比較的に、Python初心者でも作れるものは5つです。

  • Beautiful SoupによるWebスクレイピング
  • Seleniumによるスクレイピング/クローリング
  • openpyxlによるファイル操作の自動化
  • OpenCVによる画像編集/加工
  • Twitter, YoutubeなどのWeb API連携

特に、Webスクレイピングはビジネスにおいて需要が高い傾向にあります。

Pythonエンジニアに求められるスキルは職種ごとに異なります。

  • バックエンドエンジニア(サーバーサイド)
  • インフラエンジニア(クラウド)
  • フロントエンドエンジニア

それぞれの職種に合わせた勉強方法を選択しましょう。

最低限の学習目標は、以下の知識項目です。

  • バックエンドの知識(サーバーやデータベース)
  • フロントエンドの知識(HTML/CSS, サーバー連携)
  • CRUDの理解(Create:作成, Read:読込, Update:更新, Delete:削除)

これらを習得しながら、質の高いポートフォリオを完成させましょう。

Pythonの勉強を効率的に行うためには、達成したい目的・目標に合わせ逆算した勉強方法になります。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。