プログラミング学習の挫折率9割!?その理由と対策





多くの人がプログラミングに挑戦して挫折する瞬間を見てきましたが、特に独学でのプログラミング学習においては挫折率が9割と言われています。

「プログラミング学習の取り組み方がわからない。。。」

「どうすれば挫折することなく続けられるのか。。。」

おそらくプログラミング初心者からすれば、いざ学び始めようと考えている時に挫折しやすいと言われたらたまったもんじゃないです。

それでもプログラミング学習の挫折率が高いことも事実です。

・挫折ポイントを押さえておくこと

・挫折しないための対策と思考法

この二つを知っていると知らないでは、今後のプログラミング学習において大きな違いが顕著に現れてきます。

具体的な内容で一つ一つ解説していきます。

 

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

プログラミング学習における挫折率9割の主な理由

これからプログラミング学習を始める人、すでに始めているが思うように学習ができていない人の共通点として、以下の挫折ポイントが挙げられます。

①:適切な学習方法がわからない

②:入門書が難しい

③:覚える内容が膨大

④:エラーへの対処がわからない

⑤:質問できる人が存在しない

⑥:モチベーション維持が難しい

⑦:基礎学習からステップアップできない

この辺りの内容が主な理由として挙げられると思います。

大学や専門学校、プログラミングスクールに通っている人であれば、学習用カリキュラムなどが存在するため、比較的スムーズに学習を続けられます。

しかし、完全な未経験でプログラミング学習を独学で始めようとすると、かなり難易度が高く感じてしまいます。

それでは、それぞれの挫折ポイントの理由と対策について、一つずつ解説していきます。

 

挫折ポイント①:適切な学習方法がわからない

これはプログラミングに限らず、どんなものが学習対象であっても初めて触れてみる分野であれば、必ず引き起こされる悩みの一つだと思います。

例えば、義務教育である小学校・中学校における学習において、筆者も含め誰もが学問を享受していたと思います。

しかし、初等教育・中等教育合わせて9年間の学校生活の中で、いきなり「9年間自由で勝手に学問を勉強してください。」と宣言されたら、開いた口がきっと塞がらなかったでしょう。

もちろん、高校へ進学する場合を考慮して、頭の良い学生は逆算しながら学問に取り組めるかもしれませんが、おそらく小学校一年生の段階で逆算して学問をこれだけ勉強しようと考えられる子供はいないと判断していいと思います。

 

何事もそうですが、そもそも学習手引きが存在しなければ勉強するための方針すら立てることは困難でしょう。

そのため、特にプログラミングを独学で取り組もうと考えている人にとって、学習手引きあるいは学習方法が定まらないのは死活問題です。

プログラミングにおいても、学習における努力の方向性を間違えないことは、とても大切なことです。

 

挫折ポイント①への対策

適切な学習方法がわからない時の対策として考えられるのは、ロールモデルを探すことです。

これは、自分自身が掲げている目的・目標設定が少なからずあると思います。

「稼ぐためにプログラミングを始めよう!」

「とりあえずプログラミングを習得したい!」

こういった抽象的な目的・目標設定だとまず間違いなく何も成し遂げられないです。

あなた自身の目的・目標を達成するためにも、あなたが理想とするパターンで成功している人を探しましょう。

 

SNSなどを利用すれば比較的簡単に探し出すことができます。

その中で、ロールモデルとした対象者の情報収集を行います。

もともと未経験からなのか、どんなプログラミング言語を利用しているのか、学習手順はどんなものなのか、取り組んでいるものはなんなのか、こういった内容が全てではありませんが、発信者であれば少なからずあなたが求める情報がいくつか拾えるはずです。

そして、真似をすることです。

間違いなく、プログラミング学習における方針は定められると思います。

プログラミング学習の始め方〜3ヶ月で稼ぐには〜

2019.11.15

挫折ポイント②:入門書が難しい

これもプログラミング未経験の人であれば、挫折するポイントとして挙げられます。

また、書籍等で学習している人であれば、書籍に記載されている専門用語がわからなければ学習がストップしてしまいます。

特に、専門用語の意味を理解できなければ、先に進めないと考えてしまう人もいるかもしれません。

書籍で学習している人は、その書籍に記載されてる説明が全てだと思い込んでしまうので、結果として積み本のようになってしまい、プログラミング学習から手を引いてしまいがちです。

 

挫折ポイント②への対策

おそらく入門書が難しいと感じている部分は、専門的な言葉が多く存在することによって、説明がややこしくなっていることです。

このように感じている人は、純粋にプログラムを動作させた時に何が起きているかだけを注目すると良いです。

どれだけ言葉を並べたところで、動作するのはプログラムであり、そこに記述されたコード以上に大事なことは存在しません。

コードがどんな動作を実現させているかだけを理解すれば、専門用語はあとから理解することができます。

 

プログラムが記述されたコードによってどんな処理を行っているのか、これに注目しましょう。

そのため、たとえ入門書であってもオンライン教材であってもサンプルコードが記載されているため、動作させることは可能だと思います。

そこからは動作させた結果から理解していけば全く問題ありません。

 

挫折ポイント③:覚える内容が膨大

これはあくまで筆者の感覚ですが、学校教育で学んでいた内容の方が圧倒的に膨大だったように思えます。

これは余談なのでスルーして構いませんが、兎にも角にもプログラミング学習といっても、プログラミングという枠の中に多くの分野が存在しているのも事実です。

そして、あれもこれもと手を出しているうちに、覚えることが膨大になってくるわけです。

 

挫折ポイント④への対策

やはり目的に沿って目標設定が曖昧なために引き起こされる悩みだと思います。

確かに多くの分野に対して、知的好奇心から手を出したくなる気持ちは分かります。

しかし、何をするためにプログラミング学習を始めたのかわからなくなってしまうのは本末転倒です。

 

そうならないためにも目標設定が必要不可欠です。

目的:Webアプリ開発の場合

目標1:HTML/CSS/JavaScriptの理解
目標2:フレームワークの理解
目標3:ToDoアプリの作成方法

これもまだざっくりとした目標設定にはなってしまっていますが、要するに詳細な目標(ステップ)を掲げることで、その範囲からはみ出すような学習には手をつけないということです。

機械学習もしてみたい、別言語の学習に取り組みたい、webアプリでなくスマホアプリを作りたいなど、目的に沿った目標を作成したらまずはそれに従って限定的にでも知識を蓄えていきましょう。

取り組んでいく中で成果物が出来上がってくると、自然と知識が拡張されていくので、結果一つ一つの取り組みをコツコツ継続することによって多くの内容を覚えることができます。

 

挫折ポイント④:エラーへの対処がわからない

こちらも最もプログラミング初心者を挫折させる原因の一つだと思います。

プログラムが動作することが正解だとするならば、エラーが出てプログラムが動作しないことはストレスに感じてしまいます。

しかも、そのエラーに悪戦苦闘して数時間奪われてしまい、いつまでもプログラムが動作しなければ取り組みを断念してしまうことも少なくありません。

事実、プログラミング業務を主戦場としたエンジニアであっても、このエラーとの向き合い方はとても大切です。

 

挫折ポイント④への対策

こればかりは対策というより思考法となってしまいますが、プログラミングに取り組む上でエラーは間違いなく避けて通ることのできない現象です。

おそらく全ての優秀なエンジニアは、このエラーとの向き合い方が抜群にうまいです。

そして、エラーを起こすたびに経験値を積み上げているはずです。

エラーを引き起こしてしまうということは、裏を返せば自分自身が理解できていないことが見つかったということになります。

また、プログラミングの基礎に関しては、間違いなくGoogle検索すれば具体的なエラーへの対処方法が記載されている情報が見つかると思います。

 

ここで重要になるのが、エラーをいかに理解しているかです。

どんなエラーなのか言語化できなければ適切な検索が行えないため、手に入れたい情報にたどり着かない可能性があります。

そのため、エラー内容をGoogle翻訳などを利用して理解すること、エラー内容をそのままコピペして検索するなど、エラー時の対処方法を一つずつ身につけていく必要があります。

さらに、エラーが発生した段階で、そのエラーへの対処方法が分かれば、プログラミングへの理解が一つ深まったことになります。

 

エラー内容は、そのままコードへの理解に直結しているので、エラーとじっくり向き合うこともプログラミング学習において非常に大切になります。

 

挫折ポイント⑤:質問できる人が存在しない

この質問できる人が存在しないというのは、エラーが出た時に質問できる人がいないという意味ではありません。

本来、エラーはエラー内容からコードの改変を行ったり、連携しているサービスとの互換性だったり、あらゆる面で対処方法を自分自身で考えていけば解決までたどり着きます。

「エラーが出て対処方法がわかりませんので誰か教えてください。」というのは、プログラミングと向き合うことを放棄したことに他なりません。

もちろん、助言をもらうことはとても大切ですが、基礎学習においては少しずつでいいので、自分自身で解決できるよう取り組んでみましょう。

 

ここで問いている挫折内容は、自分自身の目的に沿って学習できているか確認するための質問できる人が存在しないという意味です。

適切な学習方法がわからないという挫折ポイントでも解説しましたが、やはり努力の方向性を見誤ってしまうと途端に目的に対して遠回りな学習になりがちです。

 

挫折ポイント⑤への対策

ずばりエンジニアの仲間を作ることです。

多くの人が取り組んでいるプログラミングだからこそ、目的別で様々な人が取り組んでいることになります。

そのため、情報共有が可能なコミュニティを手に入れることは、目的を達成することができる利点として考えることができます。

特に同じ目的を持っている人であれば、参考になる情報は膨大です。

SNSでの交流、コミュニティの参加、もくもく会の開催など、多くの媒体と場所でエンジニアやプログラミング学習者と出会うことができるはずです。

 

挫折ポイント⑥:モチベーション維持が難しい

プログラミング学習において、モチベーションを維持することはとても大切です。

しかし、主にモチベーションを下げてしまう原因は4つあると思います。

・プログラミング学習を目的にしてしまう

・言語学習の地味さを理解していない

・楽しい・面白いを感じる前に挫折してしまう

・短期間目標のレベル高すぎる

これらが原因でプログラミング学習を断念してしまうのではないでしょうか。

 

挫折ポイント⑥への対策

 

多くのプログラミング初学者がプログラミングに対して、右も左も分からないからこそ、自身の学習行動計画が立てづらい状態だと思います。

ここでは、具体的に以下の方法を提示します。

・基礎学習(言語学習)に対する具体的な学習方法

1. マネをすること

2. 写経すること

プログラミング学習時のモチベーションに関することをまとめた記事がありますので、合わせて読んでいただければと思います。

プログラミング学習でモチベーションが続かない・やる気が出ない人への解決策

2019.12.04

 

挫折ポイント⑦:基礎学習からステップアップできない

たまにツイッターで見かけるのですが、「プロゲート2周目始めました!」とか、「復習でもう一度教材をやり直す。」みたいな内容があります。

おそらく、自分自身が学習した内容で抜け落ちている部分がないか確かめるために行なっていることだと思いますが、あまり意味が無いように思えます。

これはエンジニアとして働いているからこその結果論ですが、正直ほとんど覚えていません笑

こんなので稼いでいいのかと謝罪したいぐらい基礎が抜け落ちていると思います笑

もちろん、基礎学習が大切なことは重々承知していますが、それよりも基礎を終えた後に待っているツール作成やアプリ開発で培うスキルだと考えています。

 

挫折ポイント⑦への対策

そのため、コードの記述方法といった基礎部分すら覚えていないので、Google検索しまくりです。

引くほど検索して、その場で思い出すようにしています。

なんかすみません。。。

 

また、作りたいか作りたくないかは別として、作るものを決めることが重要です。

基礎学習では間違いなく学ぶことができない内容がこれでもかと言うくらい手に入れることができます。

そして、成果物を作り上げたという実績も手に入ります。

 

そのため、基礎学習あるいは言語学習は、ただのルールの塊である記述方法を学ぶだけなので、それこそある程度覚えているうちにすぐに作りたいと考えているものに取り組み出しましょう。

マネをすることで挫折を回避しよう

独学・未経験から始める人も少なくないので、プログラミング学習の継続や学習を続けたスキルアップにはそれなりのハードルが設けられています。

また、プログラミング学習においても、学習者によってはすでに学習対象とするプログラミング言語や狙っている分野が存在するかもしれません。

そのため、費用を抑えて効率的にピンポイント学習で取り組みたいと考える人も少なくありません。

また、プログラミング学習において目的を持って取り組むことは大切ですが、『何を作ればいいかわからない。。』といったスタートの切り方で悩む人もいると思います。

そういったプログラミング学習の指標となる取り組み方について詳細に記載したまとめ記事がありますので、そちらも参照して頂けると幸いです。

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

2019.11.21

それでも取り組みに不安を抱く場合は無料相談がおすすめ

プログラミングの学習において、基準値を知ることが重要になります。

例えば、HTML/CSSでサイトを作った経験があるのであれば、周囲の人はどのレベルに仕上げているのか気になりますよね。

おそらく作成したものに動作を加えたり、デザインの精度を高めるためにjQueryやJavascript、BootStrapなど多様な言語やフレームワークを利用することでしょう。

 

このような内容でどのような成果物を作成した卒業生が存在しているのか、周囲でどんな結果を残しているのか、プログラミングスクール等で実施している無料カウンセリングでお聞きするのがオススメです。

やはり費用がかからず利用できるものはじゃんじゃん使うのが筆者のモットーでもあります笑

それに、今後の学習方針やキャリア相談も含めて無料カウンセリング実施できるので、活用して損はありませんよね。

さらに、比較対象を作るあるいは多くの情報を得るためにも、複数の無料カウンセリングを利用するのが賢い方法だと思います。

そのかき集めた情報の中で、あなたの目的・目標に合った内容に取り組んでいきましょう。

DMM WEBCAMP 無料カウンセリングはこちら
※プログラミング未経験者のためのサポート体制がしっかりしてます

 

【COACHTECH】無料カウンセリングはこちら
※学習管理とモチベーション維持のコーチングが好評です

 

【リナックスアカデミー】無料カウンセリングはこちら
※18年間の実績があり、無料資料請求から始められます

 

まとめ

ここまで数多くの挫折ポイントとその対策について解説してきましたが、プログラミングに取り組む上で一番大切なのが『継続力』になります。

そして、小さなプログラムを作成することから始まり、大規模な開発にたどり着く頃には間違いなく『習慣化』できていることだと思います。

ここまでくると、インプット作業よりもアウトプット作業の方が割合として多く占め始めるので、成果物が驚くほど多くなってきます。

また、簡単なツールやアプリであれば、数十分でプロトタイプを作成できたりします。

本来、プログラミングはモノづくりに該当すると思いますので、何かを生み出す楽しさを知っていただければと思います。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、現在フリーランス活動中。 2019年2月から起業する予定。 自社サービス及び製品を開発し、売り上げを立てている。