プログラミングの向き不向きは重要じゃない理由と最適な学習方法





プログラミングの向き不向きを考えてしまうことはありますか?

特に、プログラミングが不向きだと思い込んでしまい挫折してしまう人もいます。

  • プログラミングが不向きと不安になる人
  • プログラミングが向いているか知りたい人
  • プログラミングを続けるか迷っている人

これらの悩みを解決しながら、プログラミングが不向きと感じる理由や対策方法を解決します。

記事を読み終えると、プログラミングの捉え方が理解できます。

結論は、対策を講じれば挫折せずプログラミング学習を継続できます。

汎用性の広いPythonを0から習得するためのフロー及び実際にPythonで開発を行い開発案件を獲得するまでの筋道について解説しているチュートリアル資料と

コーディングの参考となる実際にPythonを使って作ったツールのソースコードを無料で配布していますので、こちらも併せてご覧ください。

初心者・入門者でも30日間で学習できるおすすめPython学習方法

 

おすすめのPython学習サービスをまとめてみました。挫折することなく一直線にエンジニアを短期集中で目指している人はこちらから確認してください。 

【おすすめ】Python学習サイトPyQが初心者に選ばれる理由

プログラミングを学ぶ上で作りたいものがない人へ提案させてください

 

プログラミングの向き不向きは重要じゃない

いまだに、「プログラミングに数学力が必須」と思い込んでる人がいます。

少なくとも、Web系エンジニア(フロントエンジニア)の仕事では、高度な数学が必要とされる場面は皆無です。

『画像処理』や『機械学習』といった特殊な分野でない限り、Web系エンジニアに数学力が求められることは滅多にないです。

一般的に、エンジニアに求められる能力は以下の3つです。

  • 論理的思考能力
  • 抽象化能力
  • 言語化能力

これらが数学力よりも重要な能力になります。

論理的思考能力

プログラムは、全て『論理』つまり『ロジック』で構成されます。

名作映画のように、冒頭からラストに至るまでロジカルに構成されているイメージを持つと良いです。

「世界観=クラス」の中で「映画キャラクター=変数」が「イベント発生=関数」で「アクション=様々な処理」を続けて、結果をもたらすイメージです。

特に、プログラミングではエラー対処する際に、「なぜ引き起こされたのか」を筋道立てて取り組みます。

そして、論理的思考能力はプログラミングを通して身につくものです。

今は身についていなくても、決して諦める能力ではないです。

抽象化能力

実務におけるプログラムのコードサイズは、一般的に大きくなります。

1行1行のコードの詳細や依存関係を全て具体的に把握・理解することは不可能です。

シリーズ作品の映画をイメージすると良いです。

「1作品目=1プログラムファイル」ごとの作品内容を把握・理解し、「2作品目=別プログラムファイル」と「関連作品=相互作用」であるイメージです。

全てを把握・理解するのでなく、一つのブロック単位とした捉え方を身に付ける必要があります。

「物事が関連・関係してる」といった抽象化能力は、すでに持ち合わせてるはずです。

あとは、プログラミングの中で発揮できるように慣れていけば良いです。

言語化能力

言語化能力が高い人は、本質を見極めて適切なコードを記述します。

例えば映画の中でも、映画内容を左右する重要人物は必ず存在します。

膨大な登場人物がいると意味もわからなくなるため、「登場人物=変数」を見極めて適切な「人物配置やセリフ=変数や関数処理」を施します。

言語化能力は、プログラムの可読性に影響します。

これも、求める出力結果から逆算する論理的思考能力を養いながら同時に言語化能力も身につけられます。

「プログラミングが不向き」と感じる理由

そもそも「プログラミングが不向き」と感じる理由は、プログラミングへの取り組み方にあります。

基本的に、プログラミングに必要な能力は大小あれど備わっている人がほとんどです。

「プログラミングが不向き」と感じる理由は、以下の2つです。

  • プログラミングの学習進路が定まっていない
  • 独学によるプログラミング学習に固執する

これらが原因で「プログラミングが不向き」と感じてしまいます。

プログラミングの学習進路が定まっていない

多くのプログラミング初心者は、プログラミング学習の目的・目標が不明瞭です。

プログラミング学習の目的・目標が定まっていれば、「プログラミングの向き不向き」に関係なく勉強を続けられるはずです。

なぜなら、必要な知識・スキルセット・学習内容を身につければ目的・目標に近づいてることを実感できます。

「プログラミングが不向き」ではなく、「目的・目標達成の課題」と置き換えれるため、取り組み方が変化します。

プログラミングの上達方法を詳しく知りたい人は、「【具体例】プログラミングが上達しない人の特徴と学習のコツ」で解説します。

【具体例】プログラミングが上達しない人の特徴と学習のコツ

2020.01.02

独学のプログラミング学習に固執する

実務におけるプログラミングスキルの習得時間は、1000時間と言われます。

しかし、独学によるプログラミング勉強時間は1000時間以上になるケースが多いです。

「テックアカデミー」の運営元であるキラメックスによるアンケート調査でも、『プログラミング独学で十分な知識を身に付けられたか』という質問に対し、「独学で十分な知識が身に付いた」と回答したのは5%に留まっています。(2021/03/04時点)

「十分な知識が身に付いていない」と回答した割合は、56.6%占めています。

時間を無駄にした勉強時間が増えるほど、「プログラミングが不向き」と感じる原因になります。

プログラミングスキル習得に時間を無駄にしない方法を詳しく知りたい人は、「プログラミングを時間の無駄にしない人の特徴とエンジニア人生設計」で解説します。

プログラミングを時間の無駄にしない人の特徴とエンジニア人生設計

2019.11.23

「プログラミングが不向き」から脱する方法

「プログラミングが不向き」と感じる原因を知ることで、改善方法が明確になります。

不明瞭なプログラミング学習の改善方法は、以下の2つです。

  • プログラミングの学習進路を設定する
  • 最適なプログラミングの学習方法を選択する

正しいロードマップがプログラミング学習の継続につながります。

プログラミングの学習進路を設定する

「プログラミングが不向き」と感じる中で、どんどんモチベーションが下がる人も少なくありません。

多くのネット情報をインプットし続けても、成果物を作成できなければ学習意欲は低下し続け、挫折します。

現役エンジニアであっても、現在多くの技術が存在するため、全てを学ぶあるいは習得するのは困難です。

特定言語や特定技術を狙って勉強し、それらに関わる周辺知識を補完するように学習します。

プログラミング学習のモチベーション維持を詳しく知りたい人は、「【独学】プログラミングでモチベーションが続かない人の特徴と学習のコツ」で解説します。

【独学】プログラミングでモチベーションが続かない人の特徴と学習のコツ

2019.12.04

最適なプログラミングの学習方法を選択する

最適なプログラミングの学習方法を選択することで、初期の学習量に対して成果が時間の経過で増大します。

改めて「テックアカデミー」の運営元であるキラメックスによるアンケート調査によると、”誰に教わりたいか”という質問項目にて54%の人が『現役エンジニア』と回答しています。(2021/03/04時点)

独学によるプログラミング学習は、時間をかけ過ぎると向き不向きに関係なく挫折する原因になります。

学習における環境整備がスキル習得の時短につながります。

プログラミングの基礎学習で最も効率よく取り組める方法は、以下の2つです。

  • オンラインプログラミングスクール
  • オンラインプログラミング学習教材

やはり独学によるプログラミング学習にて、無料で学べるネット情報だけでは限界があります。

学習時間の短縮を考えるのであれば、間違いなくプログラミングスクールあるいはオンライン教材になります。

プログラミング学習の時短方法を詳しく知りたい人は、「プログラミングスキル習得に1000時間は不要!時短方法とコツ」で解説します。

プログラミングスキル習得に1000時間は不要!時短方法とコツ

2019.11.14

まとめ

プログラミングの向き不向きは、誰に対しても関係ありません。

むしろ、学ぶという行為は「いかに必要な能力を身につけていくか」が重要です。

一般的に、エンジニアに求められる能力は以下の3つです。

  • 論理的思考能力
  • 抽象化能力
  • 言語化能力

これらはすべての人に素養として備わっているものです。

プログラミング学習の中で、鍛えられるものなので「プログラミングが不向き」と感じる必要はありません。

「プログラミングが不向き」と感じる理由は、以下の2つです。

  • プログラミングの学習進路が定まっていない
  • 独学によるプログラミング学習に固執する

特に、プログラミング学習の目的・目標が不明瞭であること、独学で無駄な時間となるプログラミング学習が引き起こします。

正しい学習ロードマップと最適なプログラミング学習方法を選択することで解消されます。

独学で無料のネット情報だけでは、実務レベルの十分な知識が身につきません。

プログラミング学習の時短と質の高い勉強を検討するなら、以下の方法を選択するべきです。

  • オンラインプログラミングスクール
  • オンラインプログラミング学習教材

特に、現役エンジニアから学ぶことが最短学習ルートになります。

なぜなら、リアルタイムで技術を習得し続け、知識と経験が豊富だからです。

「プログラミングが不向き」と諦めず、正しいプログラミングへの理解に努めましょう。



ABOUTこの記事をかいた人

sugi

大学卒業後、IT企業に就職を果たす。システム開発・人工知能に触れながら大手企業と業務をこなす。2年半後脱サラし、フリーランス活動経験を経て 2019年2月から起業し、今に至る。 自社サービス及び製品を開発、ブログ収入、クラウドソーシングなど、多方面で売り上げを立てている。